京畿道、「外国人留学生採用博覧会」をキオスクによる非対面式で開催

投稿日d 2020-09-21 ヒット数 29

コンテンツ

○ 9月23日~24日の2日間、「外国人留学生採用博覧会」を非対面式で開催
– 京畿大学校と信韓大学校でキオスクを利用し、学生-企業間の非対面面接を実施

京畿道は9月23~24日に、道内大学の外国人留学生を対象に、「2020外国人留学生採用博覧会」を非対面式で開催すると明かした。

今回の採用博覧会は、新興国の市場への進出を図る道内企業が現地事情に詳しい優秀な留学生を採用できるようサポートし、外国人留学生に対しては、正しいルートで就職することにより、不法滞在者の発生を防ぐ目的で設けられた。

㈱nota、㈱イファ産業など海外進出を希望する企業と有望企業をはじめ15社が参加し、道内の外国人留学生は約80人が参加する。

採用博覧会は、京畿道南部所在の学生は京畿大学校、京畿道北部所在の学生は信韓大学校で参加できる。大学内に設置されたキオスクを活用して、留学生が求める企業を選択すると、企業側が事前にキオスクに入力した面接質問が表示されて、それに回答する方式だ。面接はすべて動画で録画され、企業側はその映像を確認した後採用を進めていく。

京畿道の関係者は「新型コロナウイルス感染症の影響で就職に苦戦している外国人留学生と海外進出を目指す道内企業がお互いに役立つ良いきっかけになるよう、非対面式採用博覧会を設けた」と述べた。