MobileMenu

Global Inspiration GyeongGi-Do

X

TO FIND DIVERSITY
VISIT GYEONGGI-DO

京畿道

NEWS

in 京畿道
「野良猫の虐待は明らかな犯罪!」京畿道、公共バスを活用して国民へのPRを実施

○ 京畿道、野良猫の虐待防止に関する広報物を制作…京畿道の公共バスに掲出してPR – 動物を虐待した場合、関連法に基づいて処罰の対象となることを強調し、虐待行為の減少を誘導 ○ 水原、南楊州など13の市・郡、京畿道の公共バス50路線が対象 – 道内の市・郡およびソウル都心など、首都圏のあちこちを走りながら動物虐待予防をPR 最近、野良猫に残虐的な行為をする虐待犯罪がメディアに多く取り上げられ、社会的な問題として浮き彫りになっている中、京畿道はこのような虐待行為を予防するため、国民に向けたPR活動に取り組む。 京畿道は27日、2021年9月から野良猫の虐待防止に関する広報物を制作し、首都圏のあちこちを走る京畿道の公共バス50台に掲出してPRを推進すると発表した。 公共バスの車両の外壁に「野良猫の虐待は犯罪」というメッセージを込めた広報物を目に止まるように制作して掲出することで、動物虐待が「動物保護法」に基づいて処罰の対象となる「犯罪」であることを認識させることが目的である。 特に2021年2月12日付けで改正された「動物保護法」が施行され、「動物虐待の罪を犯した場合、従来の2年以下の懲役または2千万ウォン以下の罰金」から「3年以下の懲役または3千万ウォン以下の罰金」にさらに強化された。 広報物が掲出された京畿道の公共バスは、加平郡、南楊州市、抱川市、金浦市、坡州市、水原市、烏山市、華城市、光明市、河南市、広州市、城南市、龍仁市など道内13の市・郡、50路線を走る予定だ。 公共バスは道内の市・郡だけでなく、カンナム駅やヤンジェ駅などソウルの主要な都心を運行し、首都圏の住民に該当の内容を広く伝えることになる。 京畿道動物保護課のイ・ウンギョン課長は、「京畿道の公共バスを活用した野良猫の虐待防止PRは、最近増えている野良猫の虐待犯罪を予防する上で役立つと考えられる」と述べ、また「これからも野良猫と一緒に共存する世界を作るため、持続的な虐待予防PRなど積極的な政策推進に取り組んでいくつもりだ」と語った。 一方、京畿道は現在「野良猫の中性化の日」、「野良猫TNR事業」、「野良猫の給食所設置支援」、「動物愛護センターの設立」など、野良猫との共存を図るために様々な政策を設けて推進している。

No.3 2021-09-27 26 ヒット数
生ゴミの従量制袋、そのまま捨てないでください。廃ビニールで作った保管容器に入れてください

○ 京畿道内で発生した廃ビニールをリサイクルして作った生ゴミ類の廃棄物従量制袋の保管容器を提供 – 生ゴミの悪臭など、環境問題改善及び廃ビニール30トンのリサイクル効果を期待 – 9月中に水原・龍仁・富川・南楊州・安養・始興・議政府・楊州・果川など、参加意向を表明した10の市に6,700個を提供 京畿道は廃ビニールをリサイクルして制作した生ゴミ類の廃棄物従量制袋の保管容器を9月中に10の市郡に提供すると14日に発表した。 今回の事業は生ゴミ類の廃棄物従量制袋の排出によって発生する悪臭や都市景観の阻害などの環境問題を解決すると同時に、廃ビニールをリサイクルすることによる資源循環効果を得るために推進された。 多世帯・単独住宅などの住宅密集地域では、生ゴミ類の廃棄物を従量制袋のまま排出することがほとんどで、このような排出方法ではネコやネズミ、または車両などによって従量制袋が破れて悪臭がしたり、生ゴミが散乱する問題が発生する。また、廃ビニールは商品価値及び経済性が弱く、リサイクルが難しい廃資源の一つだ。 道が普及する保管容器は、このような状況を防ぐためのもので、単独住宅やアパート密集地域に設置され、各家庭から排出される生ゴミ類の廃棄物従量制袋を回収するまで保管する役割を果たす。 道が普及する保管容器は、廃ビニールを溶かして性質を変えた後、金型に流しいれて作ったものだ。約25Lの容量で、横39cm、縦41cm、高さ40cmサイズで、蓋が付いている構造だ。保管容器1個を制作する時に必要な廃ビニールは4.5kgで、これはインスタントラーメン袋1,500枚に相当する分量だ。 道は、6,700個の保管容器を制作して水原・龍仁・富川・南楊州・安養・始興・議政府・楊州・果川など、参加の意向を表明した10の市に9月中に普及する予定である。これにより、計30トンの廃ビニールをリサイクルできると期待している。 これまで道は、昨年6月に韓国再生プラスチック製造業協同組合などと廃ビニールを活用した生ゴミ類の廃棄物従量制袋の保管容器を制作するための業務協約を締結して容器制作を推進してきた。 京畿道の関係者は「リサイクル製品に対する道民の認識を改善させるとともに、生ゴミ類の廃棄物従量制袋の排出時に持続的に問題視されてきた都市景観の改善効果も期待している」と述べ、「今回の事業がリサイクル製品の需要創出のための基盤となることを願い、これからも資源循環社会構築のために努力する」と語った。

No.2 2021-09-14 28 ヒット数
韓国陶磁財団、韓国最大の陶磁専門「オンラインビジネスプラットフォーム」をオープン

○ 財団、9月1日から「オンライン陶磁ビジネスプラットフォーム(k-ceramic.com)」本格稼働 – 陶磁ショッピングモール、陶磁専門情報、コミュニティ(交流)空間など、陶磁に関する総合プラットフォーム – 韓国陶磁を代表するブランド、K-陶磁器(ceramic)ショッピングモール…リビングモール、ギャラリーモール、輸出ブランドモール、陶磁材料モールなど、200か所の窯場の作品約980種を販売 – 陶磁産業の流通環境改善を通して陶磁産業の競争力を強化 韓国陶磁財団は、陶磁産業競争力強化のために、韓国最大の陶磁専門オンラインビジネスプラットフォーム「K-CERAMIC(k-ceramic.com)」をスタートさせると9日に発表した。 K-CERAMICは韓国の陶磁流通環境の改善など、陶磁産業の競争力を強化するために推進されるもので、陶磁ショッピングモール(オープンマーケット)と陶磁情報モール(コミュニティ)など、陶磁産業の総合プラットフォームとして運営される。海外のバイヤー及び消費者のために、英語・中国語・ベトナム語などの外国語サービスも構築されている。 中心的コンテンツである「K-陶磁器(ceramic)ショッピングモール(shop.k-ceramic.com)」は出店窯場が直接商品情報をアップして管理するオープンマーケットと、グローバル輸出戦略商品の公募を通じて選出された作品に分かれる。分野別に▲リビングモール(日用陶磁器) ▲ギャラリーモール(陶磁芸術作品) ▲輸出ブランドモール(グローバル輸出戦略商品)など、純粋な手工芸作品だけを厳選した約200か所の窯場の商品約980種を韓国最大規模で販売する。商品の販売規模は、引き続き窯場募集及び選定を続けることで拡大していく計画だ。 特に、電気窯、土練機、ろくろなど、専門機材と彫刻刀、筆、石膏枠などの作業用陶芸道具及び材料などを販売・流通する専門業者と連携した「陶磁材料モール」では、陶芸家たちが陶磁関連の各種機材を便利に比較して購入できるように設計した。 財団は新規登録顧客に最大5,000ウォンの割引クーポンを提供する「新規会員登録、はずれなしのお祝いルーレットイベント」を開催する。今回のキャンペーンは、予定金額に達するまで行われる予定で、全購入者に商品購入金額の0.1%がポイントとして付与される。 その他にも「陶磁情報モール」は、陶磁関連ニュース、窯場の紹介、陶磁R&D(研究開発)など、陶磁関連の専門情報サービスと自由投稿(掲示板)、陶芸愛好者チャットルームなどのコミュニティ空間で構成されている。 チェ・ヨン韓国陶磁財団代表理事は「オンライン陶磁ビジネスプラットフォームは、短期的な収益より、陶芸界の未来を準備するために設けた事業」と述べ、「オンライン市場には弱い陶磁産業の流通環境を改善し、国内外の陶磁市場競争力を強化できるように積極的に支援する」と話した。 一方、財団は「K-CERAMICショッピングモール」のリビングモール及びギャラリーモールへの出店者を随時募集している。詳しい内容は韓国陶磁財団のウェブサイト(www.kocef.org)から確認することができる。

No.1 2021-09-09 30 ヒット数

主なビジネス

in 京畿道
left button
right button
INVESTMENT STRENGTH
京畿道に投資すべき理由
北東アジアにおける 経済の中心地
INVESTMENT INFORMATION
投資情報
主要工業地域
INTERNATIONAL EXCHANGE REGION
国際交流地域
機会の地、京畿道!
YELLOW SEA FREE ECONOMIC ZONE
黄海経済自由区域
京畿道の経済特区
mobile global navigation menu close button