MobileMenu

Global Inspiration GyeongGi-Do

X

TO FIND DIVERSITY
VISIT GYEONGGI-DO

京畿道

NEWS

in 京畿道
道、2次災難基本所得の案内を装ってお金をだまし取る偽サイト摘発

○ 道、29日道民の通報により偽サイト摘発。ポータルサイトに通報して即時に削除措置 – アクセスを誘導して悪性コードを埋め込む。携帯電話番号を入力すると少額決済される手口を使用 ○ 道、ポータルサイトと共に積極的にモニタリング。摘発時は警察に随時依頼することに ○ 道、SNSを通じて京畿道災難基本所得サイトを積極的に広報 – 京畿道災難基本所得申請ホームページ(basicincome.gg.go.kr)の利用を求める 京畿道が新型コロナウイルス感染症による経済危機克服のため、全道民に1人当たり10万ウォンずつ支給する「2次災難基本所得」申請が2月1日に開始される予定だが、携帯電話番号の入力を求めて少額決済方式でお金をだまし取る偽申請サイトが摘発され、積極的対応に乗り出した。 道は、「第2次京畿道災難基本所得申請ホームページ(basicincome.gg.go.kr)」以外の他のサイトでは2次災難基本所得案内は無論のこと、京畿道民認証をしていないと述べ、出所が不明なインターネットアドレス(URL)にアクセスしないよう格別な注意を払うよう求めた。 31日、京畿道によると、道は去る20日午後6時頃、ある道民の電話通報により災難基本所得の偽サイトを発見し、即刻措置を講じた。 このサイトは、「2次災難基本所得申請方法の案内」という単語を検索すると表示されるサイトで、アクセスすると悪性コードが自動的に埋め込まれる。災難基本所得入金のため携帯電話番号の入力に利用者が応じると、被害者が知らぬ間に少額が決済される手口を使用していた。通報者は偽サイトであることを疑い被害はなかったという。 京畿道は、通報を受け付けてから即時にポータルサイトDaumに措置を要請して削除を完了した。道は、削除措置後も継続して偽案内サイトのモニタリングを実施し、13か所のサイトを更に発見してポータルサイトに伝えて削除を完了した。 これにより、道は追加被害事例が発生しないよう、道ホームページと京畿道ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)を通じて京畿道災難基本所得ホームページ(basicincome.gg.go.kr)アドレスの案内に乗り出した。また、ポータルサイト以外にもインターネットカフェ、ブログ、SNSチャンネルに対するモニタリングを強化した。31日現在まで受け付けた被害事例はない。 道は、NAVER、Daumなどのポータルサイトで京畿道災難基本所得というキーワードで表示される偽サイト検索は無論のこと、発見時に自動的に遮断措置されるよう要請した。道は、偽サイトを摘発した場合は警察に捜査依頼するなど、厳正な措置を講ずる方針だ。 イ・ソンホ京畿道広報企画官は、「最近、一部のカード会社で京畿道2次災難基本所得に関する案内メールが送信され、京畿道ホームページへのアクセスが集中するなど、災難基本所得に対する関心が高まっている。」と述べ、また、「このような関心を悪用する偽サイトによって道民が被害をうけないよう、徹底的にモニタリングを実行するつもりだ。」と語った。 なお、京畿道2次災難基本所得は、新型コロナウイルス感染症の拡大防止しつつも道民の不便を減らすため、オンライン申請、現場受領、訪問する申請サービスなど3つの方法で支給される。 2月1日から保有中の京畿地域通貨カードや一般のクレジットカード会社12社のうち一つを選択してオンラインで手軽に申請でき、「京畿道災難基本所得申請ホームページ」で京畿道民であることを認証して、災難基本所得の入金を受け取るカード会社を選択すると、当該カード会社のすべてのカードで災難基本所得を使用できる。

No.3 2021-01-31 30 ヒット数
今年も脆弱労働者「所得損失補償金」支援…先制防疫のため支援対象を拡大

○ 今年も脆弱労働者に対する新型コロナウイルス感染症早期検診のための「病気休暇所得損失補償金」支援 – 2月1日から12月10日まで受付…1人当たり23万ウォンを地域通貨で支給 ○ 週40時間未満の短時間労働者、日雇い労働者、特殊形態労働従事者、療養保護者が対象 – 症状の有無にかかわらず診断検査を受けた脆弱労働者なら支援を受けられるよう支給条件を緩和 – 外国人に対する支援範囲も拡大…道内在住の登録外国人、道内在住の外国国籍同胞など 京畿道は今年も、脆弱労働者が生計の心配なく安心して新型コロナウイルス感染症の検査を受けられるよう、「病気休暇所得損失補償金」を1人当たり23万ウォンずつ支給する。 「脆弱労働者の病気休暇所得損失補償金」は、日雇い労働者など道内の脆弱労働者が新型コロナウイルスに感染した疑いがある症状が現れた場合、生計の心配をせずに安心して検診を受けられるよう促すため、昨年から推進してきた京畿道の労働防疫対策だ。 支援対象は、2020年12月25日以降に新型コロナウイルス感染症の診断検査を受けて、結果通知されるまで自宅隔離を実施した道内の脆弱層労働者で、週40時間未満の短時間労働者、日雇い労働者、特殊形態労働従事者、療養保護者が対象だ。 昨年とは異なり、今年は「新型コロナウイルス感染症先制検査拡大施行」という政府の基調に合わせて、症状の有無にかかわらず診断検査を受けた脆弱労働者なら誰でも支援を受けられるよう支給条件を緩和して事業を施行する。脆弱労働者の生計対策と新型コロナウイルス感染症拡大防止防疫網を一層強化するための措置だ。 外国人に対する支援範囲も拡大される。昨年は永住権者と結婚移民者に限り支援したが、今年は道内に在住する登録外国人はすべて対象となり、居住地が京畿道の外国国籍同胞も含まれる。 申請期間は2月1日から12月10日までで、申請書、身分証の写し、自宅隔離履行と補償金不正受給関連確約書、資格確認証明書類などの必須資料を在住する市・郡を通じてEメール・郵便または訪問して申請受付を行う。 但し、保健所・選別診療所を通じて診断検査を受けてから結果(陰性)が出た後から申請できる。 新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、訪問受付に代わりオンライン受付を推奨しており、書類審査を経て補償金は地域通貨またはプリペイドカード形態で支給される。 キム・ギュシク労働局長は、「ソーシャルディスタンス2段階以上の時期は、検査が無料であるにもかかわらず、日雇い労働者など一日の日給が生計に直結する脆弱労働者は、検査を気軽に受けられず仕事場へ行かなければならないのが現実だ。」と述べ、また、「この制度により、脆弱労働者たちも速やかに検査を受け、防疫網の死角地帯を解消していきたい。」と明かした。 李在明(イ・ジェミョン)知事は、昨年6月にソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)を通じて、「体調が悪くても休めない生活、危険でもやめられない仕事、その仕事をやめるどころか2つ3つの仕事を掛け持ちして走らなければならないのが彼等の現実だ。先制的かつ果敢な防疫も重要だが、最も脆弱な方、最も脆弱な場所を31の市・郡と共にしっかり支えていきたい。」と明かした。 […]

No.1 2021-01-27 28 ヒット数

主なビジネス

in 京畿道
left button
right button
INVESTMENT STRENGTH
京畿道に投資すべき理由
北東アジアにおける 経済の中心地
INVESTMENT INFORMATION
投資情報
主要工業地域
INTERNATIONAL EXCHANGE REGION
国際交流地域
機会の地、京畿道!
YELLOW SEA FREE ECONOMIC ZONE
黄海経済自由区域
京畿道の経済特区
mobile global navigation menu close button