MobileMenu

Global Inspiration GyeongGi-Do

X

TO FIND DIVERSITY
VISIT GYEONGGI-DO

京畿道

NEWS

in 京畿道
京畿道、「外国人留学生採用博覧会」をキオスクによる非対面式で開催

○ 9月23日~24日の2日間、「外国人留学生採用博覧会」を非対面式で開催 – 京畿大学校と信韓大学校でキオスクを利用し、学生-企業間の非対面面接を実施 京畿道は9月23~24日に、道内大学の外国人留学生を対象に、「2020外国人留学生採用博覧会」を非対面式で開催すると明かした。 今回の採用博覧会は、新興国の市場への進出を図る道内企業が現地事情に詳しい優秀な留学生を採用できるようサポートし、外国人留学生に対しては、正しいルートで就職することにより、不法滞在者の発生を防ぐ目的で設けられた。 ㈱nota、㈱イファ産業など海外進出を希望する企業と有望企業をはじめ15社が参加し、道内の外国人留学生は約80人が参加する。 採用博覧会は、京畿道南部所在の学生は京畿大学校、京畿道北部所在の学生は信韓大学校で参加できる。大学内に設置されたキオスクを活用して、留学生が求める企業を選択すると、企業側が事前にキオスクに入力した面接質問が表示されて、それに回答する方式だ。面接はすべて動画で録画され、企業側はその映像を確認した後採用を進めていく。 京畿道の関係者は「新型コロナウイルス感染症の影響で就職に苦戦している外国人留学生と海外進出を目指す道内企業がお互いに役立つ良いきっかけになるよう、非対面式採用博覧会を設けた」と述べた。

No.3 2020-09-21 29 ヒット数
京畿道、サービングロボットや除菌ロボットなど自律走行モビリティサービス試演会を開催

○ 「第4回板橋自律走行モビリティショー」で自律走行モビリティサービス試演会を開催 – 事業名:「板橋自律走行モビリティショー」 #UNTACT #CONNECT PANGYO – 試演期間:10月15日(木)~10月17日(土) – 試演場所:板橋第1・2テクノバレー一帯 – 体験申請期間:9月25日(金)まで受付 – 申請対象:自律走行モビリティサービスを必要とする個人および企業(抽選により選抜) 自ら動きながら料理の運びや後片付けまでしてくれるサービングロボットや、広いエリアを素早く消毒するウイルス除菌ロボットなどが、10月15日~17日に開かれる「板橋自律走行モビリティショー」で公開される。 京畿道は16日に、KINTEXおよび次世代融合技術研究院と共同で「第4回板橋自律走行モビリティショー」を開催し、大会期間中参加者を対象に、自律走行モビリティサービスが体験できる「#UNTACT(非対面) #CONNECT(繋げる)」イベントを行うと明かした。 今回のイベントは、新型コロナウイルス感染症によって非対面サービスへの需要が増えていることに鑑み、自律走行技術が適用された各産業分野に適したカスタマイズ型非対面サービスを紹介するために設けられた。 参加企業が提供する非対面サービス製品には、▲多くの顧客が訪れる飲食店のための非対面サービングロボット、▲企業のビルや博覧会などで巡回と警備システムを備えた知能型サービス案内ロボット、▲教育施設やビルなど多くの人が密集する室内施設においての除菌ロボットと防疫ロボットなどがある。 京畿道は今回の試演を通じて、第4次産業革命の中心地である京畿道板橋が多様な自律走行モビリティサービスの試験台として生まれ変わり、これを機に、道内の自律走行スタートアップ及び関連企業の技術商用化を促す意義のある場になることを期待している。 […]

No.2 2020-09-16 29 ヒット数
秋夕を迎えた京畿道の路地商圏復活を期待し、驚きのインセンティブ25%を掲げた「限定版地域貨幣」給付を発表

○ 李在明(イ・ジェミョン)知事と張賢国(チャン・ヒョングク)京畿道議会議長が9月9日、秋夕の景気回復のための限定版地域貨幣の給付に関する計画を発表 ○ 京畿道、9月18日(予定)より20万ウォンチャージ限定の地域貨幣に、10%の基本インセンティブに加えて15%のインセンティブを追加給付 – 9月18日以降、20万ウォンをチャージすると2万ウォンを即給付。11月17日まで20万ウォンを全部使うと3万ウォンを追加給付 ○ 京畿地域貨幣のカードまたはモバイルアプリを所持している全道民が対象。1千億ウォンの予算を給付に充当 – 京畿道、京畿地域貨幣の使用者一人当たり3万ウォンずつ、約333万人が特典を享受。最大約8,300億ウォンの消費売上増加を期待 ○ 京畿道、京畿道議会の地域貨幣のインセンティブを活用した経済活性化事業の提案を承認 京畿道と京畿道議会は秋夕の景気回復のため、20万ウォンチャージで25万ウォンが使える歴代最高レベルのインセンティブ25%の特典を限定版地域貨幣(消費支援金)として給付する。4月に施行された災害基本所得に次ぐ京畿道独自の2回目の経済防疫政策となる。 李在明(イ・ジェミョン)京畿道知事と張賢国(チャン・ヒョングク)京畿道議会議長、朴根哲(パク・グンチョル)京畿道議会議員(「共に民主党」代表委員)は9月9日午前、京畿道庁で緊急合同記者会見を開き、「秋夕の景気回復のための限定版地域貨幣(消費支援金)」給付に関する計画を発表した。 李在明(イ・ジェミョン)京畿道知事は「民生経済の毛細血管とも言える小商工人や零細自営業者がコロナ直撃を受けた。このままでは所得の極端な格差や消費需要の激減、景気後退の悪循環を避けることはできない」と訴えた。また、「このような危機意識の下、秋夕の前に極端な危機に陥った路地経済の蘇生のために、京畿道は京畿道議会とともに地域貨幣のインセンティブを活用した消費促進案を用意した」と述べた。 これによって、京畿道は京畿地域貨幣のチャージ金額の10%である基本インセンティブに加え、9月18日(予定)より、消費金額20万ウォン限定で、15%相当の3万ウォンがもらえる限定版地域貨幣を追加給付する。ようするに、20万ウォンをチャージすると、基本インセンティブ2万ウォン(10%)が給付されることに加え、2か月以内に20万ウォンを使い切ると3万ウォン(15%)が追加給付され、計5万ウォンのインセンティブ25%が給付される仕組みだ。使用額が20万ウォン未満の場合は15%の消費支援金はもらえず、20万ウォン以上の場合のみ最大3万ウォンまで給付される。 限定版地域貨幣はその予算の全額が充てられ、京畿地域貨幣カード、またはモバイルアプリを所持した全道民を対象に「先着順」で給付される予定だ。限定版地域貨幣(消費支援金)の特典を利用するためには、9月18日以降の使用金額を基準に、遅くても11月17日まで最小額の20万ウォンを消費しないといけない。 基本インセンティブ10%は今までのようにチャージすると同時に給付されるが、消費を支援するのが目的である限定版消費支援金は20万ウォン以上の消費が確認された後、10月26日または11月26日に給付される。追加消費支援金15%(3万ウォン)は給付日より1か月が過ぎると消滅されるので、それまでに使用しないといけない。 京畿道が今回の限定版地域貨幣の給付のために使った予算は合計1千億ウォンで、計画通りに給付されれば、京畿地域貨幣の利用者の約333万人にその特典が与えられると期待される。京畿道は、路地商圏を中心に中小商工人の消費売上は最大約8,300億ウォンが増えるとともに、それに伴う生産誘発により、低迷する地域経済の活性化に少しでも貢献できることと期待している。 今回の限定版地域貨幣の給付は京畿道議会が、新型コロナウイルス感染症の影響で苦しんでいる小商工人のための地域経済活性化事業を提案したことで始まった。京畿道は道議会の意見を受入れ、秋夕の景気活性化のための限定版地域貨幣の給付に関する事業計画を立てた。それに必要な1千億ウォン規模の財源は道議会と協議して確保する計画だ。 […]

No.1 2020-09-10 37 ヒット数

主なビジネス

in 京畿道
left button
right button
INVESTMENT STRENGTH
京畿道に投資すべき理由
北東アジアにおける 経済の中心地
INVESTMENT INFORMATION
投資情報
主要工業地域
INTERNATIONAL EXCHANGE REGION
国際交流地域
機会の地、京畿道!
YELLOW SEA FREE ECONOMIC ZONE
黄海経済自由区域
京畿道の経済特区
mobile global navigation menu close button