MobileMenu

Global Inspiration GyeongGi-Do

X

京畿道を訪れる理由。
京畿道は、多様性の中心地だから。

京畿道

デイリーニュース

in 京畿道
「高陽一山テクノバレー事業説明会」COEXで盛況のうちに開催

○ 14日、企業関係者及び投資者対象事業説明会開催 – 高陽一山テクノバレー、高陽放送映像バレー、CJライブシティ広報ブース運営 ○ 李花順(イ・ファスン)行政2部知事「高陽一山TV成功のため京畿道が積極支援」 ○ 李載俊(イ・ジェジュン)高陽市長「ビジネスに適した都市づくりに励みたい」 京畿道は、14日にCOEXで「高陽一山テクノバレー事業説明会」を開催したことを明かした。 「高陽一山テクノバレー造成事業」は、京畿道、高陽市、京畿都市公社、高陽都市公社が事業の共同施行者として2017年に協約を締結して推進中の事業だ。 この日、道は企業関係者とベンチャーキャピタル投資者に対して、一山テクノバレーの優れた立地条件と未来ビジョンなどについて積極的なマーケティングを繰り広げた。 説明会の会場には、高陽一山テクノバレーと周辺事業である高陽放送映像バレー、CJライブシティの広報ブースなども設置され、相談を希望する企業関係者の足が途絶えなかった。 この席には、京畿道の李花順(イ・ファスン)京畿道行政2部知事と李載俊(イ・ジェジュン)高陽市長が出席して、強い関心を示した。 李載俊(イ・ジェジュン)高陽市長はプレゼンテーションに直接参加して、「高陽一山テクノバレーは、相対的に低価格な供給価格と交通網の確保、漢江を眺望できる立地条件と周辺の優れたインフラなどが揃った、企業の未来価値を創出できる最適の投資地域である」と強調した。 李花順(イ・ファスン)京畿道行政2部知事は、「高陽一山テクノバレー造成事業を通して、先端未来型新成長拠点団地になるよう、京畿道は積極的に力添えしていきたい」と答えた。 説明会に参加した企業関係者は、「一山テクノバレー事業に対する情報は不足していたが、今回の事業説明会をきっかけに、企業は強い関心を寄せるだろう。企業が実質的に入居できる様々な政策的支援が整えられることを期待している」と述べた。

No.3 2019-08-20 5 ヒット数
100人の隊員、平和と繁栄の道「DMZ155マイル」完走「統一にまた一歩近づく」

○ DMZ155マイル縦走解団式、20日坡州DMZ生態観光資源センターにて開催 – 20日午前12時、DMZ生態観光資源センター1階公演場 ○ 100人の隊員が8月5日から20日まで高城~坡州250km旅を力強く完走 – 「統一がまた一歩近づいた感じ」と口をそろえる 20日午前11時30分頃、坡州臨津閣平和ヌリDMZ生態観光支援センターに、太極旗を先頭に立てた100人余りの人々の力強い行進が登場した。 行進の主人公は、去る8月5日臨津閣での発足式を皮切りに、DMZ東端の江原道高城郡から京畿道坡州市まで15泊16日間、京畿・江原DMZ一帯の155マイル縦走の旅を無事終えた100人の隊員たちだ。 彼らは、30度を超える蒸し暑さと激しい豪雨、険しい山岳地形にも屈することなく、江原道高城郡から麟蹄、楊口、華川、鉄原を経て漣川、坡州に至るまでの250㎞の距離を力強く歩いてきた。 隊員たちは、DMZの至る所を自らの足で歩き、歴史と生態を直に体験できたことに満足している様子であった。特に、統一大橋の徒歩横断や勝戦OP(監視所)などの探訪をはじめ、普段は容易に近づけない民間人出入統制区域内の秘境に感嘆を禁じ得なかったという。 更に、李華泳(イ・ファヨン)平和副知事、道議員などが参加したトークコンサートを通して、DMZの価値と平和の大切さについて自由に語り、統一がまた一歩近づいたような印象を受けたと口をそろえた。 縦走大将を務めたキム・ハクミョン氏は、「平和の時代を迎え、韓半島を横断するDMZを歩くことは一層感慨深かった。今後も、より多くの人々がこの道を歩き、平和と統一へ向けた願いを培ってもらいたい」と感想を述べた。 道はこの日、最後の縦走を迎え、シン・ミョンソプ平和協力局長、ユ・ドンギュ京畿観光公社社長などが参加する中、解団式を開催した。 完走に成功した100人の隊員たちには完走証と完走バッチが授与され、縦走の旅の映像を一緒に観ながら、これまでの思い出と感動を振り返る時間が与えられた。 特に、この席には今年6月に開かれた「青瓦台国軍・UN郡参戦有功者午餐」で話題になった「リトルアンバサダー」キャンベル・エイシアちゃん(釜山龍門小、13)、イタリア出身の有名芸能人「アルベルト・モンディ」氏が参加して、イベントの意味を更に深めた。 シン・ミョンソプ京畿道平和協力局長は、「平和への道は困難だが、必ず進むべき道」と述べ、また、「155マイルのDMZの旅を終えた100人の縦走が、平和と統一へ向けた夢を実現する礎になることを願っている」と明かした。 「DMZ155マイルの平和の道を一緒に歩く」というテーマで、京畿道が主催して京畿観光公社が主管した今回のイベントは、国民が生命と平和が息吹くDMZの意味をかみしめ、平和に対する認識を新たに刻めるよう企画された。

No.2 2019-08-20 6 ヒット数
京畿北部の夜空で「星ひとつに思い出と、星ひとつに愛を」

○ 夜空が昼より一層美しい京畿北部のおすすめ「星見るスポット」5か所 – 抱川「アートバレー天文科学館」、楊州「松岩スペースセンター」、加平「自然と星天文台」、議政府「天文台」、高陽「幸州山城(夜間開場)」 – 各スポットの特徴、施設、利用方法、公共交通機関でのアクセスなどを紹介 「星ひとつに思い出と、星ひとつに愛と、星ひとつに寂しさと…」 8月になると、私たちの胸の中で蘇る尹東柱詩人。彼は、詩「星を数える夜」で、日本植民地時代の青年知識人の心を星を介して唄った。人々は、解放された祖国を夢見る尹東柱詩人の星を眺め、思い出と愛、夢とロマンを語る。 今の私たちの胸の中の星は、どのような意味を持ち輝いているのだろう。そこで、京畿道は愛する人たちと一緒に夜空を眺めながら夢と希望を唄える「京畿北部星見るスポット」5か所を紹介する。 ◆ 芸術と自然、宇宙に出会う「抱川アートバレー天文科学館」 抱川市新北面にある「抱川アートバレー」は、廃採石場を活用して文化芸術空間に再誕生させた、京畿北部を代表する名所の一つだ。花崗岩の直壁、天株湖などを楽しみながら、宇宙への果てしない想像を繰り広げられる場所だ。 「天文科学館」は、多彩な展示・体験を通して宇宙に対する好奇心を育める「展示館」、宇宙服を着て記念撮影できる「フォトゾーン」、映像を通して星座について学べる「天体投影室」、望遠鏡を通して天体を直接観測できる「天体観測室」などで構成されている。 天体投影室と天体観測室は、科学館1階で「天文プログラム」を予約すると入場できる。訪問客は、天体投影室で星座について説明を聞いた後に天体観測室へ移動して、昼間は太陽を、夜は天体を観測することができる。 昼の観覧は午前10時、夜の観覧は夜6時40分から始まり、最終観覧時間は夜8時20分だ。別途入場料はなく、抱川アートバレーの入場券で観覧できる。公共交通機関を利用したアクセスは、抱川市外バスターミナルで市内バス73番に乗車。(お問い合わせ:031-538-3488) ◆ 宇宙空間の中で存在を発見「楊州松岩スペースセンター」 韓国最大規模の宇宙・天文テーマパーク「楊州松岩スペースセンター」は、楊州市長興面の開明山に位置する。特に、ケーブルカーに乗って天文台へ登ることもでき、ひと味違った楽しみを味わえることで有名だ。 「松岩スペースセンター」には、韓国初の独自技術力で開発された600㎜リッチー・クレチアン式望遠鏡、ハイエンド望遠鏡などの最高性能を誇る望遠鏡施設が揃っており、より細かく星を観察することができる。一日天文教室、宇宙科学キャンプなど多彩な体験プログラムも用意されている。 また、宇宙で発生する様々な状況を体験できる「チャレンジャーラーニングセンター」、リアルな立体映像と臨場感溢れる音響で宇宙を経験する「デジタルプラネタリウム」など、ユニークな見どころ・体験を提供している。 […]

No.1 2019-08-20 5 ヒット数

主なイベント

in 京畿道
12月、京畿道文化の殿堂が用意した無料公演

  京畿道文化の殿堂が、12月の1か月間にわたり様々な無料公演を開催する。 京畿道民なら誰でも観覧可能なこれらの無料公演は、京畿道の各所で行われる。 まず、5日から21日までの毎週水曜日・金曜日には、午前11時30分から、京畿道のグッドモーニングハウス(旧京畿道知事公館)で文化ヒーリング公演を行う。 文化ヒーリングは公募を通じて選抜された青年芸術家による公演で、男性5人組重唱団のU ANGEL VOICE、国楽プロジェクトグループのRe:音、サクソフォーン演奏グループのS.withなどが出演する。申請はグッドモーニングハウスのホームページや、直接会場で行うことができる。 京畿ポップスアンサンブルも19日午後3時、平沢西部文化芸術会館でフュージョンコンサートを披露する。 歌謡、ポップ、セミクラシック、映画・ミュージカルのオリジナルサウンドトラックなど、多彩なジャンルの音楽を京畿ポップスアンサンブルの演奏で楽しむことができる。京畿ポップスアンサンブルは別途の申請なしで観覧可能だ。 公演に関する詳しい内容は、京畿道文化の殿堂ホームページや電話(+82-31-230-3200)での問い合わせが可能だ。   京畿道文化の殿堂 12月の無料公演スケジュール – 12月5日(水) グッドモーニングハウス(11時30分) : Re:音 – 12月7日(金) グッドモーニングハウス(11時30分) […]

No.1 2018-12-03 330 ヒット数

おすすめ観光スポット

in 京畿道
  • おすすめスポット10選
  • ショッピング
1st エバーランド&カリビアン・ベイ
エバーランドの夢が実現した冒険と楽しみどころ満載の魔法の国 エバーランドへようこそ!
2nd 華城
鮮時代の城郭建築技術の花、水原華城華城は韓国最大規模の行宮です。
3rd 韓国民俗村
伝統から新しい価値を創造する韓国唯一の伝統文化テーマパークです。韓国を代表する伝統文化ブランド
4th DMZ / 臨津閣
季節ごとに美しい風景と新しいイベントを楽しむことができ、特別な自然と文化が息づく場所です。
5th スキーリゾート(芝山/陽智)
家族皆が楽しめる快適な環境が整えられた芝山フォレストリゾート。自然と触れ合える陽智パインリゾートです。
6th ソウルランド
お楽しみ満載の新世界で パラダイスをご満喫ください。
7th 安山大阜島
安山のハワイと呼ばれている大阜島は、島の雰囲気をかもし出しています。 大阜島までつづく道は多くの島々がつながっていて、特別なドライブをお楽しみいただけます。
8th 加平チャラ島/プチ・フランス
たくさんの花に覆われた自然リゾート、チャラ島韓国独特のフレンチテーマパーク、プチ・フランスです。
9th 富川ウンジンプレイドシ
韓国初のレジャー団地で想像以上に楽しいひと時をご堪能ください。
10th 光明洞窟
首都圏地域における唯一の観光洞窟!都心の洞窟テーマパーク「光明洞窟」
1st 驪州プレミアムアウトレット
驪州プレミアムアウトレットは、2007年6月に韓国初のブランドプレミアムアウトレットとしてオープンしました。ショップだけでなく、ショッピング客が楽しめるレジャー施設も設けられています。
2nd アンコール免税店
京畿道水原市に所在するアンコール免税店は、ソウルに近い外郭に位置しているため、気軽にショッピングが楽しめます。50店以上の海外ブランドが入店しており、ハンドバック、化粧品、サングラス、健康用品などを購入することができます。
3rd 利川プレミアムアウトレット
ロッテプレミアムアウトレット利川店は、総面積52,893m²、嶺東高速道路沿いにあります。
4th 水原プレミアムアウトレット
プレミアムアウトレットは家族連れでショッピングを楽しめる空間として注目されており、若者世代のための個性的なファッションの中心地です。
5th 坡州プレミアムアウトレット
ロッテプレミアムアウトレット坡州店では、有名海外ブランドをはじめとする200店余りのショップのブランドを合理的な価格で見て購入することができます。
6th 河南スターフィールド
一つの場所でショッピング、レジャー、ヒーリングを全て楽しめるショッピングテーマパークがオープンしました。

楽しみ方

in 京畿道
Must See 絶対行くべきおすすめスポット
京畿道はウンジンプレイドシ、韓屋体験村、プチ・フランス、遊園地など、見どころ・楽しみどころ満載です! 過去・現在・未来が共存する韓国の魅力的な地域!
Plan your trip 旅行プラン
Plan Your Visit to Gyeonggi-do.
Some useful information on making arrangements for travel and getting around.
Move Around! おすすめグルメ!
Here are top-rated restaurants of Gyeonggi-do that you must check out when you visit Gyeonggi-do. Come and experience the taste and food culture of Korea.
mobile global navigation menu close button