MobileMenu

Global Inspiration GyeongGi-Do

X

TO FIND DIVERSITY
VISIT GYEONGGI-DO

京畿道

NEWS

in 京畿道
京畿道雇用財団、青年製造企業のために試作品の展示・製品発表など投資誘致を支援

○ 京畿道雇用財団が選定した青年製造創業企業「青年ドリームマスター」5チームが、投資専門家らに企業別試作品を披露 – 企業別試作品展示や投資誘致資料の発表を通じて企業の投資誘致能力を点検してもらう 京畿道雇用財団は10日、水原コートヤード・バイ・マリオットにて道内の青年製造創業企業を支援するための「青年ドリームマスターアイアール(IR)デー」を開催した。 アイアール(IR)デーには、6月にエコ、環境・社会・ガバナンス(ESG)、素材・部品・装備(素部装)など多様な分野から選定された「青年ドリームマスター」の5チームが参加し、企業別試作品を展示して投資誘致資料を発表した。 参加チーム(▲ANAFNI ▲チェイブル ▲H&A ▲UZUS ▲アナザーエックス)は、財団がカスタマイズ型支援により提供した技術経営コンサルティングと試作品の製作支援金1,000万ウォンを活用して完成させた試作品を投資家の前に披露した。 同財団は、前回の行事を通じて青年製造創業企業に対し投資誘致の実戦経験の機会を提供し、開発した製品やサービスの脆弱性を補うとともに、企業別のコンピテンシーの強化に重点を置いた。 アナザーエックスのチョン・インホ代表は、韓国初のエコ・サボテンレザーを発表し、持続可能な素材としての強みを浮き彫りにした。世界のエコ生地市場の大半はリサイクル生地が占めているが、自社のサボテンレザーは持続可能であるという特徴に焦点を当てている。 ANAFNIのシン・ドンヨン代表は、3Dプリント技術を活用したオーダーメード型ペット用マウスピースを披露した。この製品は、ペットの歯にはめ込む形の口輪で、ペットの動きを邪魔しないように設計されたのが特長だ。 H&Aのキム・ヨンミ代表は、施設物の安全点検向けのドローンを披露し、自主開発部品により製品単価を下げたことを前面に掲げた。特に、ドローン機体の大きさを大幅に縮小し、国内施設の点検環境に合わせて開発した点が注目を集めた。 チェイブルのチェ・フェジョン代表は、トレーニングチューブで利用者の運動遂行能力を測定・記録し、個人に合わせた運動環境を具現化するという点を強みとして発表した。 UZUSのパク・スンドク代表は、使い捨てカップの使用規制と足並みを揃え、マイカップ洗浄機を披露した。この製品は、独自開発したノズルを活用して洗浄力を差別化し、使用データを記録して企業に環境・社会・ガバナンス(ESG)のデータを提供するという特徴がある。 青年雇用本部のチョ・ウンジュ部長は、「今回のアイアール(IR)デーにより、参加企業の円滑な資金調達と販路開拓につながることを期待している」とし、「製造分野の青年創業企業が自己雇用を超えて若者たちに良質な働き口を提供できるよう、心強い味方になりたい」と抱負を述べた。 一方、同財団は14日、「青年ドリームマスター」5社と「青年ドリームマスターネットワーキングデー」を開催し、青年製造創業企業の情報交換を支援する予定だ。

No.3 2022-11-11 22 ヒット数
京畿道、安養市・韓国光技術院と「未来産業」である拡張現実(XR)産業インフラを構築

○ 4日、京畿道は、安養市・韓国光技術院と「産業革新基盤構築(XR光学部品)」事業推進のための業務協約を締結 ○ 安養市に「拡張現実(XR)光学部品拠点センター」を構築、中小企業への技術支援や拡張現実・光学系の専門人材を養成し、メタバースをリードする地方自治体として成長することを期待 京畿道は、「未来産業」の重要な要素として挙げられる拡張現実(XR)産業を育成するため、インフラづくりと専門人材の養成に乗り出す。 京畿道のヨム・テヨン経済副知事は4日、安養韓国光技術院京畿光融合技術センターにて、安養市の崔大鎬市長、韓国光技術院のシン・ヨンジン院長と拡張現実(XR)光学装備(デバイス)の支援に向けた「産業革新基盤構築」事業の業務協約を締結した。この協約式には姜得求国会議員をはじめ、関連企業の代表など約10名が参加した。 本協約により、韓国光技術院は「拡張現実(XR)光学部品拠点センター」を来年初めに設立・運営する。京畿道と安養市は、技術院と有機的な連携を図りつつ行政・財政的支援により京畿道内の光融合関連中小企業に対する技術的支援の土台を設け、拡張現実・光学の専門人材養成とスター企業の育成を推進する方針だ。 安養市東安区虎渓洞に構築される「拡張現実(XR)光学部品拠点センター」には、2026年までの5年間にわたり、国費100億ウォン、道費26億5,000万ウォン、安養市費26億5,000万ウォン(敷地を含む)が投入される。同センターは、拡張現実装備の中核部品である光学系製品を生産するための装備と技術、技術に関する相談、迅速な市場参入のため、外部の拡張現実コンテンツ性能実証センターとの連携を支援する役割を果たすという計画だ。 Googleやマイクロソフト(MS)などで開発中の拡張現実(AR)グラスに代表される拡張現実装備(XRデバイス)市場は、世界的に年平均48.3%の高い成長傾向を示しており、今後10年内にスマートフォンに代わるものと予想され、未来産業において中核となる産業である。しかし、技術開発に力を注いでいるのは小資本企業がほとんどであり、市場参入を支援する共通基盤もないため、企業にとっては大きな参入障壁となっている。 これを受けて京畿道は、今年5月、産業通商資源部が実施した「産業革新基盤構築」事業の「拡張現実(XR)前方産業先導型中核光学部品・モジュールの試験製作サービス支援」の公募課題に選ばれ、国費100億ウォンを確保している。 この事業を契機に、道内の企業は試験生産手続きと所要時間を大幅に短縮するとともに、市場参入のための企業別カスタマイズ型技術支援サービスを受けることができるようになる。京畿道は今後10年間、拡張現実(XR)及び光学専門人材600人を輩出し、企業誘致200%増加、企業売上高130%増加により、韓国最大の先端拡張現実装備産業の中心地として足場を固めていくという計画だ。 ヨム・テヨン経済副知事は、「未来の先端産業である拡張現実(XR)は国の技術競争力と未来産業という視点から戦略的に育成する必要がある」とし、「京畿道は韓国最大規模の光産業・拡張現実産業の集積地であり、拡張現実(XR)光学部品の拠点センターの構築によりメタバースをリードする自治体として躍進していきたい」と語った。 崔大鎬安養市長は「安養市に、第4次産業の中核である拡張現実産業の拠点として成長できる土台を設けることができたことを嬉しく思う」とし、「センターの設立を基点にして関連企業を誘致し、規制の改善と基盤構築など拡張現実光産業分野の活性化に向けて支援を惜しまないつもりだ」と約束した。 韓国光技術院のシン・ヨンジン院長は「世界最高レベルの光融合技術力と共同研究機関の専門性をもとに中小ベンチャー企業への支援体系を構築することが今回の事業の目標である」とし、「拡張現実の中核となる光学技術の内在化とグローバル市場をリードするための技術支援の土台を設けた」と評価した。 2001年に創立した韓国光技術院は、光技術分野の専門生産技術研究所として、エネルギー・環境・自動運転車などの関連研究・開発と中小・中堅企業への技術支援を担当している。

No.2 2022-11-07 21 ヒット数
京畿道、水原行宮などで視覚・聴覚障害者のための文化観光解説サービスを開始

○ 京畿道内26か所の主要観光スポット現地にて手話・体験解説サービスを提供 – 水原・華城、始興・烏耳島、広州・南漢山城、高陽・幸州山城など ○ 観光スポットごとにサービス可能なスケジュール情報を京畿道視覚・聴覚障害者協会に提供 京畿道は、11月から視覚・聴覚障害者の観光満足度を向上させるべく、触覚・聴覚を活用した描写と手話を使った文化観光手話体験解説サービスを、水原行宮など京畿道内の観光スポットにて実施する。 文化観光視覚解説サービスとは、視覚障害者のために方向と距離を描写したり触覚・聴覚などの感覚を活用して観光地を説明するもので、聴覚解説サービスとは、聴覚障害者のために手話で観光解説を提供するものである。 これらの事業の推進に向け、京畿道は昨年と今年、既存の約60人の文化観光解説士に関連教育を実施し、教育を修了した文化観光解説士を道内26か所の主要観光スポットに配置した。特に視・聴覚障害者の解説サービスの利用を促進するため、京畿道視覚・聴覚障害者協会と共同で広報活動を展開する。 京畿道は、来年も視・聴覚障害者の観光地利用満足度を高めるべく、文化観光解説者を対象とした教育をさらに拡大する計画だ。 京畿道観光課のチェ・ヨンフン課長は、「今回のカスタマイズ型観光解説サービスの提供を皮切りに、障害者に関する解説教育を拡大するとともに、サービスの質の向上を目指して取り組んでいきたい」と語った。

No.1 2022-11-01 21 ヒット数

主なビジネス

in 京畿道
left button
right button
INVESTMENT STRENGTH
京畿道に投資すべき理由
北東アジアにおける 経済の中心地
INVESTMENT INFORMATION
投資情報
主要工業地域
INTERNATIONAL EXCHANGE REGION
国際交流地域
機会の地、京畿道!
YELLOW SEA FREE ECONOMIC ZONE
黄海経済自由区域
京畿道の経済特区
mobile global navigation menu close button