(海外訪問)米国·カナダを訪問したキム·ドンヨン知事、当初の目標を上回る計1兆4千億ウォンの海外投資を誘致する。カリフォルニアなど4州と交流協力に成功する。

投稿日d 2024-05-19 ヒット数 25

コンテンツ

5月6日から11泊13日間の米国とカナダを訪問したキム·ドンヨン京畿道知事が、当初の目標だった1兆ウォンを上回る1兆4千億ウォンにのぼる海外投資誘致と北米西部地域の4州との交流協力に成功し、5月18日に帰国した。

キム·ドンヨン知事は今回の訪問で、米国ではカリフォルニア州サクラメント、サンフランシスコ、サンディエゴ、LA、アリゾナ州フェニックス、ワシントン州シアトル、カナダではブリティッシュコロンビア州(以下BC州)ビクトリア市など2カ国の4州7つの主要都市を回り、投資誘致と交流協力強化活動を行った。

キム知事は帰国前に、米国現地で記者団に対し、このような内容を盛り込んだ計4つの訪問成果を説明した。

まず、投資誘致部門。キム知事は訪問期間中、計6社の企業と2件の投資協約(MOU)と4件の投資意向(LOI)の確認など、計1兆4,280億ウォン規模の海外投資誘致に成功した。

企業名が公開された(株)新世界サイモンの3,500億ウォンと(株)コスモE&Gの610億ウォンに続き、世界的な半導体素材企業であるA社が10億ドル(韓国ウォン約1兆3,600億ウォン)規模の投資意向を明らかにした。A社は、従来も京畿道に投資していた企業で、従来の投資金額5千億ウォンを含め、追加で約8,600億ウォン規模の投資意向を明らかにしたのだ。

キム知事は、A社の追加投資を引き出すため、今回の訪問期間中に2度のテレビ会議を開き、投資を督励した。米国現地にあるキム知事と米国本社、上海にあるアジア総括代表、韓国代表が参加する2度にわたるテレビ会議の結果、A社は10億ドルという大規模な投資意向を明らかにした。このほか、キム知事は電気自動車部品産業企業のB社から1千億ウォン、半導体装備企業のC社から570億ウォン規模の投資意向書を受け取った。

これを受けて今回の訪問期間中、京畿道は協約が2件で4110億ウォン、意向が3件1兆170億ウォンなど、1兆4280億ウォン規模の投資誘致に成功した。これとは別に、半導体関連企業のD社も投資意向を明らかにしたが、具体的な金額は明らかにしなかった。

今回の投資誘致について、海外技術を韓国企業が導入して商用化するという点でも意味があるが、京畿道は何よりも重複規制で困難に直面している京畿北部と東部地域に企業を誘致したということが注目に値すると説明した。民選8期の京畿道が推進する京畿北部大学の開発と京畿東部大学の開発も加速化する見通しだ。

二つ目は、北米西部地域の4州の交流協力の強化だ。キム知事は今回の訪問で、米カリフォルニア、ワシントン、アリゾナ州とカナダのBC州の4州の州知事4人に会って、協力体系を構築する成果を上げた。

キム知事は、カリフォルニア州ではギャビン·ニューソム州知事と会い、12年ぶりに両地域の友好協力関係を再開することで合意した。業務協約締結後、面談成果について、キム知事は記者たちと会い「ニューソム州知事が言葉だけではなく本当に実践しようと約束をした。非常に強い協力意志を表明できて嬉しい。雰囲気が良かった」と説明した。

ワシントンとアリゾナ州は交流協力の扉を開いた。両地域とも京畿道の交流不毛の地で、京畿道知事としては初めての訪問地だ。アリゾナ州ではケイティ·ホッブズ州知事と会って友好協力協約を締結した。これでアリゾナ州はテキサス、ミシガン、カリフォルニアに続き、京畿道と友好協力関係を結んだ米国内の4番目の州になった。ワシントン州では気候州知事と呼ばれるジェイ·インズリーワシントン州知事と気候道知事キム·ドンヨンが会い、気候危機共同対応に認識を共にする一方、協力をより一層強固にするための実務協議会構成にも意見を集めた。京畿道と姉妹提携関係にあるカナダのBC州では、国賓級に準ずる歓待を受け、両地域の交流協力関係をさらに強固にした。特に、大規模な山火事で行事への参加が難しいだろうという予想を破り、デイビッド·イービー首相がキム知事を訪れ、固い絆を示した。

三つ目に、先端分野の投資誘致のための企業協力の強化、キム知事の今回の北米出張で目を引いた内容の一つは、日程を共にしたスタートアップ訪問団だった。州知事との面談、企業との面談に企業家とともに参加し、自然に交流関係を形成するよう誘導するための措置だった。

キム知事が訪問したグーグルとNVIDIA、ユニコーン企業のビズAI、アリゾナ州立大学の日程などには、このようなスタートアップが参加し、交流協力の機会を持った。NVIDIA社との面談を終えた後、「中小企業の立場ではグーグル、NVIDIAのようなビッグテック企業関係者と会って挨拶を交わすことができる機会を得ることは難しい。交流できる良い機会になった」と参加企業家の一人が意味を置いた。企業価値が12億ドルで、米ヘルスケア分野の代表的なユニコーン企業であるビズエーアイ社の訪問では、クリス·マンシー代表とスタートアップ訪問団間の成功秘法について、1時間以上討論を行った。

これに対して、「京畿道スタートアップと半導体関連の企業が共に来て企業協力に重要な転機を作ったと考える。」とキム知事は評価した。

この他にも金知事は、米国内最大のバイオ協会であるバイオコム·カリフォルニア本社、米国の代表的な遺伝体分析企業であるイルミナなどを訪れ、京畿道にある企業を支援するための協力基盤を作った。

四つ目に、青年交流の拡大と韓国人優秀専門人材の外国進出契機の拡大だ。

今回の訪問の間、キム知事はワシントン州立大学とUCサンディエゴ大学を訪れ、京畿青年架け橋プログラムに参加する青年たちに対する積極的な支援を要請した。ワシントン大学では30人の青年が7月8日から26日まで参加し、UCサンディエゴには7月1日から26日まで25人の青年が京畿青年架け橋プログラムに参加する。

青年たちの海外交流拡大のために、キム知事はカナダBC州のイビ首相に会った席で、ワーキングホリデービザクォーター定員が既存4千人から1万2千人に増えたという点に言及し、「京畿道で施行中の青年インターンなど色々な青年支援事業とワーキングホリデーを連係させ、京畿道事業選抜者に優先権を与えるなど協力方法を探してほしい」と提案した。

アリゾナ州知事らとの面談で、キム知事は韓国専門人材の専門職ビザ取得が難しい事情を説明し、韓国人専門職ビザクォーター増大のために現在、米議会に係留中の韓国パートナー法通過に協力してほしいと要請するなど、副首相経験などを活用して経済外交懸案を解決するための支援に努力した。

「当初の予想をはるかに上回る投資誘致をすることができて、とてもうれしく思う。金儲けをする道知事として、今後100兆ウォン以上の対内外の投資誘致のためにさらに努力する。4州とともに気候変動に対する技術交流、人的交流などの協力基盤を作ったことも大きな成果だと思う」とキム知事は訪問成果を説明した。