京畿道・重慶市、「新しい経済交流協力の場」のために相互協力を約束

投稿日d 2019-12-10 ヒット数 157

コンテンツ

○ 現地時間27日午後3時、重慶外事ビルで懇談会 … 京畿道及び重慶市関係者30人余り参加
– 経済交流協力を強化することを確認 … ビッグデータ分野の情報及び資料の共有をはじめ交流・協力を推進
– イ・ジェミョン(李在明)「より発展した関係で京畿道で会おう」、唐良智「韓国での初の訪問先は京畿道」
○ 京畿道、中国東北部を超えて中西部地域への交流・協力拡大の「橋頭堡」を築く … ビッグデータ分野の発展に期待

イ・ジェミョン(李在明)京畿道知事と唐良智重慶市長が「新しい交流協力の場」を開くことに合意した。

特にイ知事と唐市長は、両地域の実務関係者にビッグデータなどの未来産業分野の情報及び資料の共有をはじめとする積極的な交流協力を推進するようその場で指示する一方、一日も早く実務団を構成し、重慶市代表団の京畿道訪問の計画・推進を命じた。

イ知事は現地時間27日午後3時、重慶外事ビルで開かれた懇談会で、「京畿道と重慶市は地理的にも各国の中心に位置しているだけでなく、それぞれの国において産業発展の軸の役割をしているなど共通点が多い。」と述べ、「今後京畿道と重慶市が新しい交流・協力の場を開いていけることを願ってやまない。」と語った。

イ知事は引き続き、「重慶地域にあるSKハイニックスをはじめ、韓国の第四次産業協力の中心地である板橋テクノバレーなどもすべて京畿道にある。」と述べ、さらに「次にはより発展した関係で、重慶市代表団が京畿道を訪問する日を楽しみにしている。準備して待っている。」と事実上、京畿道への招待の意を表した。

これに対し唐市長は、「訪韓を計画しているが、訪韓する際の最初の訪問先は京畿道になるだろう。」と述べ、続けて「板橋テクノバレーやSKハイニックスなどの施設を見学しながら相互協力の方向性を模索したい。」と肯定的に返答した。

特にイ知事は、「京畿道もビッグデータ関連分野に大変関心が高い。それで今回の出張に担当実務責任者も同行した。」と語りながら、今回共に訪問したイム・ムンヨン道未来成長政策官を紹介、重慶市とのビッグデータ情報及び資料の共有をはじめ、協力関係を強化することをその場で指示する場面も見られた。

これに対し唐市長も、直ちにルォチンツェン重慶市ビッグデータ発展局局長をイム政策官に紹介し、実務的に緊密な協力関係を築くことはもちろん、一日も早く実務団を構成して京畿道訪問を推進するよう命じた。

この日の懇談会は、唐市長が重慶市の経済の現況・環境・特性などを説明し、京畿道との交流・協力関係を強化するという意を表した。そしてイ知事がこれに対して肯定的に返答するなど和気あいあいとした雰囲気の中で行われた。

特に唐市長は、「京畿道が推進している基本所得と京畿北部のバランスのとれた発展についてよく知っている。」と述べ、さらに「中国内でもイ知事は有名人だ。」と話して参席者の笑いを誘った。

このように重慶市との本格的な経済交流・協力関係を築くことで、今後中国東北地域はもちろん中国中西部地域まで交流・協力関係を拡大できるものと期待できる。

京畿道は2008年に中国天津市と友好経済協力関係を結んだのをはじめとして、2011年江蘇省、2014年吉林省、2016年黒龍江城などとも友好経済協力関係を結んで活発な交流を推進しているが、中国中西部地域との交流・協力関係について具体的な話し合いを行ったのは今回が初めて。

特に重慶市は、中国政府が高い関心を持ってビッグデータ産業など未来産業分野の中心地として育成している中国西部市場の拠点都市であるだけに、京畿道が最も重点を置いて推進しているビッグデータ産業育成に大きな転機を迎える見通しだ。

1時間ほどの面談を終えたイ知事と唐市長は、今後とも信頼と友好を基盤とした相互協力関係を築いていくことを約束し、心のこもった贈り物を交換した。

イ知事は、利村市の陶芸の名匠が製作した白磁の月壺などを贈り、唐市長は中国語と英語で書かれた「三国志」と中国無形文化財が直接作った扇子などを伝達した。