京畿道が社会的経済売場1号「031#」を始興市に開所する。

投稿日d 2024-05-08 ヒット数 43

コンテンツ

京畿道が社会的経済組織の販路支援および広報強化のための専門売り場である「031#(ゼロサンイチショップ)」の1号店を始興プレミアムアウトレットに開所した。

京畿道は5月8日に、キム·ヒョンゴン京畿道経済副知事とイム·ビョンテク始興市長、京畿道議員、始興市議員、関連団体および社会的経済組織など50人余りが参加した中で「031#」開所式が行われた。

「031#」の名前は京畿道の市外局番031から出たもので、京畿道は社会的経済組織活性化のための「031#」の店舗を京畿道のあちこちに拡大する計画だ。

始興プレミアムアウトレット3階の496㎡(150坪)規模の売り場に造成された「031#」は京畿道の社会的経済組織である29社の製品を販売する社会的経済のオフライン売り場で、地域の中小企業を支援する地域共生協力売り場である「始興夢商会」、公正貿易カフェと共存している。

大型流通企業(新世界)の、始興市と協力して造成された売り場は、休息とショッピングが結合された最近の消費傾向を反映してリモデリングした。今後、社会的経済製品を道民に披露する代表的な店舗であり、価値消費を促進する拠点の役割を果たすことになる。

一方、既存のネイバースマートストアに開設された「京畿道社会的経済ショッピングモール」(smartstore.naver.com/segg)も近いうちに「031#」オンライン売り場として新しくオープンする予定だ。オフライン売り場では社会的経済製品50%割引および購買金額別の謝恩品贈呈イベントが進行され、オンラインショッピングモールでは全製品30~50%割引、フォトレビューイベントおよび配送費支援イベントが提供される。

「031#」は単なる売店ではなく、社会的価値を消費する文化を作っていく出発点だ。「031#」が京畿道の誇りになり、さらに大韓民国の価値消費の象徴になるよう積極的に支援する」とキム·ヒョンゴン京畿道経済副知事は述べた。