京畿道がペルーとパートナーシップを強化する。

投稿日d 2024-05-29 ヒット数 24

コンテンツ

京畿道がペルーとの経済交流や協力を強化する。

キム·ヒョンゴン経済副知事は5月28日に、ポール·ドゥクラウス(Paul Duclos)駐韓ペルー大使の招請で官邸晩餐会に出席した。

今回の招待は、昨年6月のペルー市長団の訪韓時、京畿道の歓待とODA(公的開発援助)分野の積極的な協力に対する感謝の意味で行われた。

「今年もAPEC議長国であるペルーとの持続的な協力で、今日のように楽しい場が用意されて嬉しい。無限の潜在力を持つペルーをはじめとする中南米地域との交流協力がさらに強化されることを願う」とキム副知事は晩餐会で述べた。

「京畿道で無償で譲歩してくれた不用消防車と救急車21台がペルーの都市のあちこちに普及した。市長団との交流を通じて京畿道との協力が一層強化されたことに感謝する」とドゥクラウス駐韓ペルー大使は話した。

京畿道は最近、ペルー地方政府と2回の協議を通じて公共行政、情報通信技術(ICT)、貿易、環境などの多様な分野で協力することにし、今回の出会いを契機に中南米市場進出の橋頭堡が築かれると期待している。

この日の晩餐にはキム·ヒョンゴン経済副知事の他にも、アン·ゲイル道議会安全行政委員長、チョ·ソンホ消防災難本部長、キム·インチョル国際関係大使が参加した。