キム知事、「The京畿パス申請開始。住民のための恩恵」

投稿日d 2024-04-24 ヒット数 24

コンテンツ

「The京畿パス(ザ·京畿パス)」事業が5月1日施行を控えた中で、キム·ドンヨン京畿道知事が「The京畿パス(ザ·京畿パス)」利用のためのカード申請など手続きを直接試演し広報に乗り出した。

キム·ドンヨン知事は4月24日、道庁執務室でスマートフォンでカード会社のアプリに接続し、The京畿パス専用カードを申請し、「4月24日から長い間待っていたThe京畿パス申請が始まった。今日出勤して他の仕事をする前に一番先にカードを申請した。住民の皆さんもThe京畿パスを申請し、多くの特典を享受してほしい」と話した。

The京畿パスはKパスの月60回の限度を無制限に拡大し、毎月公共交通費の20%(20~30代の青年30%、40代以上の一般20%、低所得層53%)を払い戻してくれる。30%還付対象である青年の基準も19~34歳から19~39歳まで拡大した。ただし、15回以上使用してこそ特典を受けることができる。

広域バスと新盆唐線、今年3月に開通したGTX(広域急行鉄道)など、料金が高い公共交通手段など、全国のすべての公共交通手段を含む。払い戻し方式なので、最初の1回だけ登録すれば毎月充電する必要がないという点も長所だ。ただ、高速バスやKTXなど、別途発券を受け、搭乗する交通手段は払い戻しを受けることができない。

The京畿パスの利用を希望する住民は、K-パスホームページ(www.korea-pass.kr )または各カード会社(新韓、KB国民、NH農協、ウリィ、ハナ、サムソン、現代、BC、IBK企業銀行や光州銀行やケイバンク、移動の楽しさ(会社名)やDGBユーペイ)のホームページを通じてK-パス専用カード(クレジットカード/チェックカード)を発行した後、5月1日からK-パスホームページで会員登録をすればよい。

カード申請の受け付けは4月24日に始まった。会員加入時に自動的に住所地検証手続きが行われ、京畿道民であることが確認されれば自動的にThe京畿パス特典が適用される。