MobileMenu

NEXT GyeongGi

X

居住者が必要とする全ての情報をご提供いたします。韓国の雇用や医療サービスなど、日常生活に必要な情報をご覧いただけます。

京畿道の過去と未来に目を向けてみてください。京畿道ならではの個性あふれる文化と芸術を発見できます。

京畿道は企業の規模にかかわらず、最適なビジネス環境をご提供して会社のご成功をサポートいたします。

京畿道について、有益で多様な情報をお届けします

多彩な見どころ・楽しみどころ満載の魅力あふれる京畿道へようこそ。

京畿道水原ワールドカップ競技場財団


go home button icon

組織の紹介

Nam Kyung Pil

京畿道水原ワールドカップ競技場をスポーツ、文化イベント、休息のためのスポーツレジャー空間に作り上げます。

こんにちは

京畿道水原ワールドカップ競技場管理財団のホームページへようこそ。

京畿道水原ワールドカップ競技場管理財団は、京畿道と水原市が6対4の割合で投資して設立した財団法人で、2002韓日ワールドカップ大会を成功させた水原ワールドカップ競技場と自他公認の最高級の設備を備えた水原ワールドカップスポーツセンターの管理・運営を担っています。

水原ワールドカップ競技場は、名実ともに韓国サッカーのメッカらしく水原カップ国際ユースサッカー大会、ピースカップ大会、海外の有名クラブ招待試合、Kリーグなど一年を通して迫力あふれる試合で、観衆を楽ませてくれる国内最高のサッカー競技場で、海外でも注目されています。

ゴルフ、フィットネス、水泳、スカッシュ、エアロビクス、スキューバダイビング、文化教室、バスケットボール、バドミントンなど多様なスポーツを楽しむことができる延べ面積1万9千㎡規模の水原ワールドカップスポーツセンターも、会員数が5千人以上、一日の利用客が2千人に達するほどの素晴らしいスポーツセンターです。

中央広場常設舞台では、週末ごとに演奏会、歌謡祭など多彩な文化・イベント公演が繰り広げられ、競技場を訪れた人々を楽しませてくれ、文化的な欲求を満たすことによって水原ワールドカップ競技場を「スポーツと文化が共存する空間」に変身させました。

また、2002韓日ワールドカップ以後、競技場の周辺を囲んでいた鉄条網フェンスを撤去して誰でも気楽に自由に運動と休息を楽しめるように、水原ワールドカップ競技場を「生活運動空間」として完全開放し、夕方には競技場の屋根と壁面、周辺の木や彫刻作品に設置した様々な色の景観照明装置が幻想的な夜景を演出し、競技場自体が観光名所として活用されています。

今後も京畿道水原ワールドカップ競技場管理財団役職員一同、水原ワールドカップ競技場を訪れる皆様の体力増進、余暇、文化生活のためのインフラ拡充のためにさらに力を注ぐことを約束いたします。皆様のご多幸とご健康をお祈り申し上げます。

(財)京畿道水原ワールドカップ競技場管理財団
理事長ナム・ギョンピル

組織図

organization chart

歴史

2015.02.11
  • 第10代常任理事ハン・ギュテク事務総長就任
2014.07.01
  • 第4代理事長ナム・ギョンピル京畿道知事就任
2013.03.07
  • 第9代常任理事キム・ヨンソク事務総長就任
2012.01.09
  • 第8代常任理事イ・グァンイン事務総長就任
2010.11.17
  • 第7代常任理事パク・ドンス事務総長就任
2010.07.01
  • 副理事長オム・テヨン水原市長就任
2009.03.07
  • サッカー博物館開場
2007.08.01
  • 第6代常任理事ソン・キチュル事務総長就任
2006.08.21
  • 第5代常任理事ソ・ビョンジュ事務総長就任
2006.07.01
  • 第3代理事長キム・ムンス京畿道知事就任
2004.08.01
  • 第4代常任理事パク・ジョンヒ事務総長就任
2004.03.01
  • ワールドカップスポーツセンター開場
2003.07.07
  • ワールドカップ広報館開場
2003.03.06
  • 財団法人京畿道水原ワールドカップ競技場管理財団名称変更
  • 第3代常任理事ユ・ドヒョン事務総長就任
2002.07.01
  • 第2代理事長ソン・ハッキュ京畿道知事就任、副理事長キム・ヨンソ水原市長就任
2002.06.05
  • 2002年韓日ワールドカップ大会開催
2001.08.01
  • 第2代常任理事ハン・インソク執行委員長就任
2001.05.13
  • 水原ワールドカップ競技場開場
2000.03.06
  • 創立総会初代理事長イム・チャンニョル京畿道知事就任
2000.02.29
  • 法人設立『財団法人京畿道2002年ワールドカップ水原競技推進委員会』
  • 第1代理事長イム・チャンヨル京畿道知事就任、副理事長シム・ジェドク水原市長就任
  • 第1代常任理事イ・ヘジェ執行委員長就任
1996.11.15
  • 水原ワールドカップ競技場起工式

目的

地域および国内サッカーの発展に寄与し、最終的には京畿道の生活の質を高める体育文化施設の空間を提供することで、地方の体育振興と道民の協調を図ることを目的としています。.

事業

  • ワールドカップ競技場(付帯施設を含む)の効率的な管理および運営のための中短期総合計画収入と執行
  • ワールドカップ競技場の管理運営に必要な財源調達および賃貸事業、執行などに関する事業
  • サッカーの発展と振興に関する事業
  • 総合スポーツセンターの管理運営

行き方

住所

(16230)京畿道水原市八達区ワールドカップ路310 (牛満洞)京畿道水原ワールドカップ競技場4階

連絡先

+82-31-202-2002

Fax

+82-31-259-2019

question icon現在のページで提供しているサービスについて満足されていますか?
非常に満足
満足
普通
不満
非常に不満
コンテンツ担当者 : Gyeonggi-do Provincial Office
[制作者表示 - 非営利 - 改変禁止]
原著作者を明らかにする限り、該当著作物を共有許容、情報変更不可、商業的利用不可
cc
mobile global navigation menu close button