韓半島の平和へ向けて力強くペダルを踏む、「2019ツール・ド・DMZ(Tour de DMZ)」盛況裏に開催

投稿日d 2019-06-07 ヒット数 17

コンテンツ

○ 「2019 Tour de DMZ(ツール・ド・DMZ)」、6月1日盛況裏に開催

○ 全国の自転車愛好家、駐韓米軍など約1,500人参加、54kmを走る

– 普段出入りが統制されている民間人統制線コースを運営して好評を得る

– 昨年から運営されている競争部門人気、男子1位 キム・キハン、女子1位 チェ・ミジュ

 

 

「平和」のペダルを踏んでDMZの秘境を満喫する「2019ツール・ド・DMZ(Tour de DMZ)」が、去る1日に京畿道漣川、江原道鉄原地域のDMZにて、約1千5百人が参加して盛況裏に開催された。

今年で7回目を迎えた「ツール・ド・DMZ」は、2013年に停戦60周年を記念して京畿道がはじめて開催したイベントで、2015年からは共生協約を締結した江原道と、DMZを代表する観光コンテンツとして発展させるため、共同開催している。

開会式では、最近発生したハンガリー遊覧船沈没事故により犠牲になった方々のため、来賓と参加者がともに追慕する黙祷の時間も設けられた。

参加者は、漣川公設運動場を出発して漣川交差点~新炭里駅~白馬高地駅~DMZ平和文化広場~孤石亭十字路~鉄原公設運動場までの計54㎞コースを走った。

特に、1次(漣川交差点~新西交差点 7km)、2次(鉄原DMZ平和文化広場~上絲里三叉路 12.3km)の2つの区間の記録を計測して順位を決める「競争部門」が、昨年につづき今年も熱い好評を得て、大盛況を博した。

何よりも、DMZの南方限界線に沿ってつづく2次区間は、普段は民間人の出入りが統制される地域のため、参加者から好評を得た。

競争部門で男子1位を占めたキム・キハン氏(42歳、京畿道城南市)は、「ツール・ド・DMZで優勝できて嬉しい。特に、今大会はDMZ一帯で開催された大会なので、一層意味深く感じている」と感想を述べた。

女子1位を獲得したチェ・ミジュ氏(38歳、忠清南道天安市)は、「今大会のため練習を続けてきた。普段は自由に入れない場所で自転車に乗れてよかった。来年も機会があったら、ぜひツール・ド・DMZに参加したい」と感想を伝えた。

また、この日のイベントには京畿道の南北平和基盤造成業務を担当している李華泳(イ・ファヨン)平和副知事が参加して、直接自転車に乗って参加者を激励した。

李華泳平和副知事は、「これからのDMZは争いや葛藤ではなく平和と共存の空間」と述べ、また、「歴史、文化、自然が調和するDMZの価値を世界に広く伝え、コンテンツ開発と生態保存に積極的に努めていきたい」と明かした。