MobileMenu

NEXT GyeongGi

X

居住者が必要とする全ての情報をご提供いたします。韓国の雇用や医療サービスなど、日常生活に必要な情報をご覧いただけます。

京畿道の過去と未来に目を向けてみてください。京畿道ならではの個性あふれる文化と芸術を発見できます。

京畿道は企業の規模にかかわらず、最適なビジネス環境をご提供して会社のご成功をサポートいたします。

京畿道について、有益で多様な情報をお届けします

多彩な見どころ・楽しみどころ満載の魅力あふれる京畿道へようこそ。

銀行の業務


go home button icon

銀行口座の開設方法

  • step 1
    パスポートを持って銀行に行く。
  • step 2
    番号札を取る。
  • step 3
    自分の順番になったら、該当窓口で口座開設の申込書をもらって作成する。
  • step 4
    名前、外国人登録番号、住所、連絡先を書く。
  • step 5
    銀行員の案内に従って暗証番号(4桁の数字)を入力する。
  • step 6
    キャッシュカード(チェックカード)が必要ならば共に申請する。
  • step 7
    暗証番号は自分だけが記憶し、絶対に他の人に教えないでください。

入金

申込書や入出金申込書を作成し、窓口に行きます。入金する時に暗証番号は必要ありませんが、出金する時は暗証番号とサイン(あるいは印鑑)が必要です。

[ビザがない場合は銀行の取り引きはどうする?]

ビザがなければ銀行の取り引きをすることはできない。
本当に信用できる人か、よく考えてからお願いしてください。通帳を作る時は、一緒に銀行に行き、,暗証番号は自分で入力します。印鑑と通帳は必ず自分で保管して下さい。

現金自動預け払い機(ATM)の使用法

現金自動預け払い機は通帳やキャッシュカードを使って、現金または小切手を入出金できる機械です。使用法は銀行ごとに多少異なりますが、何回か使ってみれば誰でも簡単に使用できます。操作過程で画面に表示される案内文は、多くは韓国語です。英語や中国語で表示できる機械もたまにありますが、その他の言語はまだサービスされていません。現金自動預け払い機を使う時は、暗証番号を必ず記憶して下さい。もし3回連続で暗証番号を間違って入力すると、その通帳とカードが使用できなくなります。この場合、身分証を持って銀行の窓口に行き、通帳とカードが本人の物であることを証明すれば、暗証番号を変更して使用することができます。ATM機で出金する時は、手数料がかかります。手数料の金額は、銀行によって異なりますが、通常500ウォン~2000ウォン程度です。

Banking image

公課金の納付

電気料金、水道料金、TV受信料金、ガス料金、携帯電話の使用料金などを公課金と言います。公課金を会社で負担してくれる場合はその必要はありませんが、そうでなければ毎月郵送される各種公課金の請求書の金額を確認し、銀行や郵便局などの金融機関で納付しなければなりません。

直接納付

請求書を持って金融機関に行き、直接納付します。最近は、窓口で公課金の収納業務をしない銀行が増えています。この場合は、銀行内に設置されている自動納付機を利用してください。自動納付機を利用する場合は、その銀行の取引通帳が必要です。

自動振替

毎月決まった日に自分名義の口座から、公課金が自動的に引き落とされるよう指定する方式です。銀行へ行って申し込むか、公課金を請求する機関に電話で申し込むこともできます。自動振替を申し込んだ後は、公課金の引落日を記憶し、残高を十分に残しておくようにします。残高が足りなくて、2回以上延滞すると、サービスが中止されます。帰国や引越の場合は、必ず1ヶ月前に自動振替を解約してください。

キャッシュカード : 通帳と印鑑なしに現金を入出金できるカード
チェックカード : 現金の入出金ができ、決済と同時に銀行口座から決済金額が引き落されます。キャッシングはできません。
銀行利用時間 : 月曜日~金曜日、09:00~16:00

送金

最も安全に送金する方法は銀行を利用することで、ほとんどの銀行が海外送金サービスを提供しております、手数料は銀行ごとに少しずつ異なります。

送金方法は?

家族の名前で自国の銀行に口座を作ります。送金を受け取る人の名前、住所、電話番号、銀行名、口座番号と送金する人の身分証を持って銀行の外国為替窓口に行けば、銀行員が手続きしてくれます。送金した領収書はきちんと保管してください。次に送金する時、窓口にその領収書を提出すれば、手続き時間が短縮できます。たまに郵便局の電信為替で送金しようとする人もいますが、あまりお薦めしません。韓国から電信為替で送金できる外国人労働者の国家は、タイ、インドネシア、フィリピンの三国のみで、時間も非常に長くかかります。自国で家族が銀行口座を作り、その口座に送金するのが一番良い方法です。

私設送金の注意

多くの人が銀行や郵便局のような公的金融機関を利用せずに、私設の送金組織(ブローカー)を通じて送金しています。私設の送金組織は、金融機関より速く安いので、気軽に利用しがちです。しかし、常に事故のリスクが潜んでいます。送金業者が途中でお金を横取りして姿を消す事件が頻繁に起きているので、注意が必要です。

question icon現在のページで提供しているサービスについて満足されていますか?
非常に満足
満足
普通
不満
非常に不満
コンテンツ担当者 : Gyeonggi-do Provincial Office
[制作者表示 - 非営利 - 改変禁止]
原著作者を明らかにする限り、該当著作物を共有許容、情報変更不可、商業的利用不可
cc
mobile global navigation menu close button