京畿道、2027年までに3千651億ウォンを投資して駐車場1万3千864ヶ所を確保

投稿日d 2023-01-25 ヒット数 10

コンテンツ

京畿道が2027年までに3千651億ウォンを投資して1万3千864ヶ所の駐車スペースを確保し、駐車情報を収集·連携·提供するスマート駐車情報システムの構築を支援する。

今月の10日、京畿道はこのような内容を盛り込んだ「京畿道駐車環境改善事業5ヵ年(2023~2027年)支援計画」を樹立したと発表した。京畿道は京畿道民に快適で安全な駐車環境を提供するため、4つの核心課題を集中的に推進する。

4つの核心課題は▲住居·商店街の密集地にある公営駐車場1万134ヶ所造成▲住宅街裏通りの端の駐車場1300ヶ所造成▲付設駐車場無料開放2千430ヶ所▲スマート駐車情報システム構築などだ。

核心課題が完了すれば、京畿道で駐車受給率100%未満(車両1台当たり駐車場1ヵ所未満)の駐車が難しい区域は、2021年215ヵ所から2027年176ヵ所へと39ヵ所(18%)減少する。

核心課題の詳細内容を見れば「公営駐車場造成支援」は都心や商店街·住居密集地域に大規模の公営駐車場を作る事業だ。この事業は、3千567億ウォン(京畿道予算1431億ウォン、市郡予算2千136億ウォン)を投入し133ヶ所に1万134の駐車スペースを確保する計画だ。

「端の駐車場造成支援」は老朽住宅など遊休敷地を確保し、これを駐車空間に変貌させる事業だ。この事業は54億ウォン(京畿道予算100%)を投資し、50ヶ所に1300の駐車スペースを確保する。

「駐車場無料開放支援」は付設駐車場を地域住民に無料で開放する場合、駐車場設置や施設改善に必要な費用などを支援する事業だ。この事業は30億ウォン(京畿道予算50%、市郡予算50%)を投資し、30ヶ所に2千430の駐車スペースを無料で共有する。

最後に、「スマート駐車情報システム構築支援」は国土交通部(交通安全公団)と京畿道交通情報センタースマート駐車情報システムの駐車場空席情報を民間アプリケーションなどにリアルタイムで提供し、駐車場の利用を活性化し情報通信技術基盤公共サービスを促進する事業だ。

駐車場確保事業の対象地は、事業年度別に市·郡の需要申請を受けて上半期中に決まる。スマート駐車情報システムは今年の市·郡の協議を経て、京畿道交通情報センターのスマート駐車情報システムで統合管理する計画だ。

パク·スンサム京畿道交通局長は「駐車難の解決のために持続的に努力しており、この事業を通じて駐車難の解消に確りとした効果を得ているので、駐車に困難をきたしている地域を対象に持続施行する計画」と話した。