MobileMenu

NEXT GyeongGi

X

居住者が必要とする全ての情報をご提供いたします。韓国の雇用や医療サービスなど、日常生活に必要な情報をご覧いただけます。

京畿道の過去と未来に目を向けてみてください。京畿道ならではの個性あふれる文化と芸術を発見できます。

京畿道は企業の規模にかかわらず、最適なビジネス環境をご提供して会社のご成功をサポートいたします。

京畿道について、有益で多様な情報をお届けします

多彩な見どころ・楽しみどころ満載の魅力あふれる京畿道へようこそ。

京畿道の主な事業


go home button icon

01

Good Morning bus to sit on bus
グッドモーニングバスは、道民の最優先課題である出勤・退勤の安全と交通福祉を提供するための課題です。現在の立席乗客14,000人余りを完全になくし、平均バス出発時間を8分から2分に減らすことを目標としています。このため、京畿道は2014年推計予算に研究領域費用を編成しました。優先的に、大型バス(49人乗り、2階バス)の導入を推進して、中長期的に高速道路IC付近にマルチ乗換えターミナルを構築し、広域バスと支線路線を連携することとなりました。
推進方向(計画)
  • 出勤時の立席ゼロ化、2分毎に出発するグッドモーニングバス政策の実践
  • 様々な便宜施設が備えられたマルチ乗り換えターミナル・乗り換え拠点停留所の設置
  • バスの公共性、効率性を改善するため京畿道型バス準公共制の導入
  • 公共交通利用の活性化と交通弱者のためのサービス改善

02

Golden Time 5 minutes
ゴールデンタイム5分とは、安全な京畿道が安全な京畿道を築くためのゴールデンタイムを確保する災難課題です。現在8分である現場到着時間をゴールデンタイム以内の5分に短縮させ、現場到着率を37.3 %から45%まで向上させる計画です。このため、災難専門家などの消防員の増員、消防装備の現代化、老朽装備の交換、消防車優先通行システム(UTIS)などを構築する予定です。
推進方向(計画)
  • 迅速な災難対応、出動時間短縮のため消防員を増幅・増員
  • 災難実感体験、安全文化教育のためウォーゲーム(War Game)災難安全センターを設置
  • 消防安全死角地帯を解消するため消防安全センターを新設・増設
  • 老朽消防車の更新、先端消防装備を補強するなど消防装備の現代化
  • 消防車優先通行交通信号遠隔制御システム(UTIS)の構築を推進

03

Create 700,000 jobs
職場が豊富な京畿道とは、京畿道内に職場70万件を創出するため中小企業と就職疎外階層を集中的に支援するという内容です。また、創業ハブの造成、MICE産業の育成、ゲームクラスターなどを通して、京畿道に特化された産業を育成し、規制合理化などの制度改善を行っていく予定です。
推進方向(計画)
  • (協業) 雇用創出効果事業と雇用サービスの改善に重点投資
  • (企業育成) 創業促進と強小企業育成により良質な雇用を創出
  • (投資誘致) グローバル先端企業とサービス産業中心の投資誘致を強化
  • (階層別カスタマイズ型支援) 青年などの階層別カスタマイズ型就職支援の強化と協業
  • (規制合理化) 不合理な規制を改善することにより開発需要を創出して均衡発展
  • 社会的経済の活性化、ビックパイプロジェクトの推進などを通して雇用創出

04

Social economic hub, Gyeonggi-do Image
社会的経済ハブ、京畿道は、市場経済の限界を克服して庶民経済の安定網を強化するため、社会的経済の総合支援体系の構築、基金の造成、創業の支援、社会的経済組織などを集中的に支援していくという内容です。
推進方向(計画)
  • 社会的経済組織の育成を通して雇用創出
  • 社会的経済の生態系基盤を造成するための総合支援体系を構築
  • 民間資金のマッチを通して社会的経済投資基金を造成
  • 新しいアイデアの発掘と創業支援を通して社会的経済を活性化
  • 社会問題解決型・技術型企業などビジネス中心の社会的経済組織を集中的に育成

05

A warm community Image
温かくて幸せな(タボク)共同体は、社会統合のための基盤を築くため京畿道が立てた核心課題です。村コミュニティを中心に様々なタボク共同体を造成して、特化モデルを開発しカスタマイズ型総合支援システムを構築することに焦点を置いています。また、タボク共同体アカデミーの運営やグローバルネットワークの構築などの内容も含まれています。
推進方向(計画)
  • 村コミュニティ空間と活動を支援することによりタボク共同体の基盤 を造成
  • タボク共同体の地域生態系の造成 と特化モデルの開発
  • タボク共同体の成長段階別カスタマイズ型総合支援システムの構築
  • 社会的経済を育成するための公共と互恵市場の活性化
  • タボク共同体アカデミーの運営とグローバルネットワークの構築

06

Big pie project Image
ビックパイプロジェクトは、京畿道が保有している公共ビックデータを分析して無料で提供する課題です。京畿道は優先的にデータの収集と開放を行うことにより、データ基盤の道政を具現化させる計画です。具体的には、零細企業、中小企業、創業者にカスタマイズ型サービスを無料で提供する方案を推進しています。
推進方向(計画)
  • データ収集と開放、データ基盤の科学的道政の具現化
  • 零細商人、中小企業、創業者などにカスタマイズ型サービスを無料提供
  • データを活用した創業と事業化支援を通してデータ生態系を造成

07

Plus welfare Image
プラス福祉は、従来の福祉制度の死角地帯を補い支援対象を拡大させるという内容です。緊急福祉が必要な低所得層などの対象範囲の拡大や高齢者層に対する文化・生活・医療福祉の拡大を目標としています。
推進方向(計画)

    【低所得脆弱階層の無限ケアプラス】

  • 政府の緊急福祉との重複項目を調整(9種→5種)、市長・郡守の認定項目を新設
  • 支援基準を緩和させて緊急福祉対象者の拡大と支援階層の多様化
  • 危機状況の現場性の強化と予算の安定的確保 勤労能力者の自活-雇用サービスの連携支援
  • 【活気溢れる老年(Active Aging)のための高齢者福祉プラス】

  • 文化活動の生産・消費の主体『高齢者文化エンジョイセンター』の運営
  • 各村に文化エンジョイセンターを拡大させて『高齢者文化通り』を造成
  • 住居、療養、病院、余暇施設などの複合『高齢者幸福村』を造成
  • 疎通と協力を通して『朝が待ち遠しい敬老堂』を造成
  • 医療サービスの拡大とカスタマイズ型教養趣味プログラムの提供

08

Future City Gym Northern Image
未来都市京畿北部は、立ち遅れた京畿北部を総合的に開発するための課題で、公共機関の移転と新設、インフラの造成、規制合理化、京畿北部テクノバレーと融合・複合クラスターの造成などの様々な内容が含まれています。特に、「統一未来都市」という方向性を提示して、京畿北部は統一と南北協力の前進基地としての役割を担っていく計画です。
推進方向(計画)
  • 政策実践のための核心方案として「経済室」の北部移転、「京畿開発研究院北部支院、京畿北部地方警察庁」の新設を推進
  • 統一経済特別区域の指定、DMZ世界平和公園の誘致推進
  • 京畿北部テクノバレー、融合・複合クラスターの造成
  • 各圏域に家具の共同展示販売場と物流センターを建立
  • K-ファッションデザインヴィレッジを造成
  • 韓国ポリテク大学サービス産業特化京畿北部キャンパスを設立
  • K-Rockヴィレッジ(東豆川)の造成、キャンプ・グリーブス(坡州)の段階的な開発

09

Korea 1 night 2 days Image
大韓民国1泊2日は、京畿北部の滞在型観光を活性化させるため、安保・生態・韓流・レジャーとお祭り・宿泊・キャンプを連携させて、1泊2日観光コースを開発するという内容です。DMZなどの京畿北部地域の特色を観光産業と連携させて北部経済の発展を極大化させると同時に、韓流インフラを構築することによりコンテンツも補強していく計画です。
推進方向(計画)
  • 安保・生態・レジャー・韓流+お祭り・キャンプ・宿泊の連携・滞在型観光コースの開発
  • 地域の特色を活かした観光資源の開発 と老朽施設の整備
  • レジャーと観光が連携された地域経済に貢献するキャンプインフラを拡充
  • 韓流の生産・体験・消費が一箇所で行われる韓流インフラを構築

10

Korea 1 night 2 days Image
共生と統合の京畿道は、連合政府を通して社会を統合し地方自治の新しいモデルを提示するという内容です。このため、京畿道傘下の公共機関長に人事聴聞制度を導入して、4大条例案の処理などが含まれた政策合意文を発表しました。今後、京畿連合政治の予算家計簿や財政戦略会議などを通して野党と事前に予算について論議し、野党が推薦した社会統合副知事に人事権と行政権を配分するなどの政策連合を実践していく計画です。
推進方向(計画)
  • 京畿道傘下の公共機関長に対する人事聴聞制度の導入
  • 公共機関内の退職公務員採用システムの構築
  • 京畿連合政府の予算家計簿の作成
  • 財政戦略会議の運営
  • 「社会統合副知事」野党による推薦者任命と行政権・人事権の分散

question icon現在のページで提供しているサービスについて満足されていますか?
非常に満足
満足
普通
不満
非常に不満
コンテンツ担当者 : Gyeonggi-do Provincial Office
[制作者表示 - 非営利 - 改変禁止]
原著作者を明らかにする限り、該当著作物を共有許容、情報変更不可、商業的利用不可
cc
mobile global navigation menu close button