MobileMenu

Global Inspiration GyeongGi-Do

X

居住者が必要とする全ての情報をご提供いたします。韓国の雇用や医療サービスなど、日常生活に必要な情報をご覧いただけます。

京畿道の過去と未来に目を向けてみてください。京畿道ならではの個性あふれる文化と芸術を発見できます。

京畿道は企業の規模にかかわらず、最適なビジネス環境をご提供して会社のご成功をサポートいたします。

京畿道について、有益で多様な情報をお届けします

多彩な見どころ・楽しみどころ満載の魅力あふれる京畿道へようこそ。

水原華城/華城行宮


go home button icon
行宮は、戦争中に王と王族が避難して留まった臨時別宮です。華城行宮は韓国最大規模の行宮で、正祖(1776~1800)以降は朝鮮の国王が使用しました。 正祖は行宮を戦争中の避難場所とするとともに、父親の墓を訪問する際の滞在場所としても使用しました。正祖の母、恵慶宮洪氏の還暦祝いや科挙試験の及第者に合格証を授けるなどの栄誉な行事も多数開かれました。
4~10月には、毎週日曜日に門の前で壮勇営守衛儀式が行われます。


이전이미지

다음이미지


入場のご案内

観覧時間
Time
シーズン 観覧時間
夏季(3月~10月) 09:00 ~ 18:00
冬季(11月~2月) 09:00 ~ 17:00
料金表
Fee
料金表 区分 区分 子ども
個人 1,000 700 500
団体(20人以上) 700 500 300

主なスポット

Jang An Mun

長安門

長安門(北門)は、1794年(正祖18年)2月28日から9月5日まで建設された水原華城の四大門のうちの一つです。『長安』という言葉は、『首都』と『人々の安寧』という二つの意味を持っています。この美しい建築物は寄せ棟屋根が施され、外部から門を保護するため半径型に甕城が築かれました。

Changnyongmun

蒼龍門

蒼龍門は一般的に東門と呼ばれている華城の東門です。長安門とは異なり、甕城とつながっておらず開いています。韓国戦争当時に破壊されましたが、1975年に華城城域儀軌(華城竣工報告書)のとおりに復元されました。

Paldalmun

八達門

法物402号に指定された八達門は、華城の南門です。八達門という名は『全ての方向へ通ずる道路』という意味です。石で築かれた虹門は、王の行列の馬と駕籠が通過できる広さの門の上に2階建物が建てられています。城門の上の階は低い垣根で囲まれ、門の外側には甕城という半円型の城が築かれ、敵を攻撃するための監視場所である敵台が設置されています。

Hwahongmun

華虹門

訪華随柳亭の下にある北門は、『美しい虹色の門』という意味の華虹門です。華城を通過して流れる水原川を広げ、7つの穴のある橋を建てた上に建設されました。また華虹門の上には、多層建築物が建てられました。華虹門は川の両側の村をつなげる橋の役割を担いました。川の上に垂れ下がる木の影は憩いの場の役割をし、建物には華城を保護するための大砲が設置されていました。

所在地

水原市八達区行宮路11
時間

夏期(3~10月) 09:00~18:00 / 冬期09:00~17:00

Tel

+82-31-290-3600

ホームページ

http://japan.swcf.or.kr/

question icon現在のページで提供しているサービスについて満足されていますか?
非常に満足
満足
普通
不満
非常に不満
コンテンツ担当者 : Gyeonggi-do Provincial Office
[制作者表示 - 非営利 - 改変禁止]
原著作者を明らかにする限り、該当著作物を共有許容、情報変更不可、商業的利用不可
cc
mobile global navigation menu close button