MobileMenu

NEXT GyeongGi

X

居住者が必要とする全ての情報をご提供いたします。韓国の雇用や医療サービスなど、日常生活に必要な情報をご覧いただけます。

京畿道の過去と未来に目を向けてみてください。京畿道ならではの個性あふれる文化と芸術を発見できます。

京畿道は企業の規模にかかわらず、最適なビジネス環境をご提供して会社のご成功をサポートいたします。

京畿道について、有益で多様な情報をお届けします

多彩な見どころ・楽しみどころ満載の魅力あふれる京畿道へようこそ。

光明洞窟


go home button icon
「洞窟」といえば天然の洞窟や鍾乳洞を思い浮かべる方が多いしょう。しかし、首都圏にある光明洞窟は人工洞窟です。日本の植民地時代である1912年に開坑された光明洞窟は、第2次世界大戦のための武器を製造するために開発され、1931年まで金・銀・青銅・鉄・黄銅が採掘されました。そして終戦後には韓国の経済建設の中心地として首都圏で最大の金属鉱山となり、1972年に洪水によって廃坑されました。開発から1世紀の時が流れ、40年の間廃坑洞窟だった光明洞窟は、2011年に市民のために再びその扉を開きました。生まれ変わった光明洞窟で文化と芸術をお楽しみください。


이전이미지

다음이미지


情報

洞窟の長さ

7.8km

洞窟の入り口

約 50

総埋蔵量

19,000 トン (1950年基準)

金の採掘量

52kg(1955年から1972年まで)

洞窟内の平均気温

13°C

入場のご案内

まだ大量の金が残っている光明洞窟で楽しめる金の採掘体験もお見逃しなく!体験料金は、金は6000ウォン、その他の鉱物は4000ウォンです。

様々な金と鉱物体験

輝く鉱物探し体験(4000ウォン)、金の採掘体験(6000ウォン)、願いごとを書いた黄金バーを洞窟の願いの壁にかける体験(5000ウォン)が楽しめます。鉱山帽子づくり体験は、帽子装飾DIYパッケージ(3000ウォン)が必要です。

主なスポット

Wormhole Palza

ワームホール広場

4つの入り口が出会う場所であるワームホールから100年前の時代へと旅立ちましょう。.

Space of Light

光の空間

LEDライトアーティストのクォン・ヨンジュン作の深海魚、ゼリーのペットエイリアンなどの生き物に出会えます。

Cave Musium of Arts

洞窟芸術の殿堂

3Dホログラム「アイシャとクオ」とともに多彩なイベントをお楽しみください。

Cave Aqua World

洞窟アクアワールド

光明洞窟の地下岩盤水を使用しているアクアワールド。水温1度の水の中に住んでいる魚たちに出会えます。

Gold Road&Wall of Hope

黄金の道と願いの壁

黄金の道と願いの壁では、鉱山と洞窟の歴史を知ることができます。願い事を書いた黄金バーをかける体験も楽しめます。

Gold Palace

黄金宮殿

6つの金の柱と金塊を触ってみることのできる体験ゾーンです。

Gold Room

黄金の部屋

洞窟の妖精アイシャが彼女の大事な宝物を守っている秘密の部屋です。

Cave Underground World

洞窟の地下世界 

鉱夫が採掘の際に上り下がりした32の角度のトンネルです。

Eternal Youth Door

不老門

不老不死になれる体験門です。

Modern History Musium

近代歴史館

日本の植民地時代である1912年から廃坑した1972年までの過去と未来へのビジョンを紹介しています。

Wine Cave

ワイン洞窟

ワイン博物館は194メートルのトンネルにあります!ワインの歴史、生産地、種類、生産過程などについて学ぶことができ、ワインを試飲して購入することもできます。

Wine Restaurant

ワインレストラン 

ビンテージがコンセプトの会員制 レストランです。

住所

京畿道光明市市庁路20
営業時間

火曜日から日曜日、09:00~18:00(休館日:毎週月曜日、入場終了時間は午後5時)

電話番号

02) 2680-6550

ホームページ

http://www.gm.go.kr/tr/jp/index.do

question icon現在のページで提供しているサービスについて満足されていますか?
非常に満足
満足
普通
不満
非常に不満
コンテンツ担当者 : Gyeonggi-do Provincial Office
[制作者表示 - 非営利 - 改変禁止]
原著作者を明らかにする限り、該当著作物を共有許容、情報変更不可、商業的利用不可
cc
mobile global navigation menu close button