365日いつでも楽しめるグッドモーニングハウス。私にぴったりのプログラムは?

投稿日d 2018-04-11 ヒット数 103

コンテンツ

京畿道のグッドモーニングハウスが、春を迎えて週末の「レジャーシートピクニック」プログラムをもう一度実施する。

2日、京畿道は、4月14日から5月までの毎週土曜日(午後1時~5時)にグッドモーニングハウスにて、▲フリーマーケット、▲アートマーケット、▲バスキング、▲手作り体験、▲茶道体験、▲フードトラックなど、多彩な週末レジャーシートピクニックプログラムを実施することを明かした。
 
find-the-best-program-for-you-at-the-good-morning-house
 
グッドモーニングハウスは、京畿道庁周辺の水原市八達区華西洞に所在する旧京畿道知事公館が改装された施設で、2016年4月に一般公開され、週末のお出かけスポットとして道民の人気を集めている。

昨年、京畿道はグッドモーニングハウスで多彩な週末プログラムやブランチ公演、こども教育プログラムなどを運営した。その結果、11万人の道民が訪れるほどの人気を得て、今年はより多様なプログラムを運営することになったと説明した。

レジャーシートピクニックプログラムの中で最も人気なのは、フリーマーケットだ。家族皆で参加し、使わない物を交換・販売できるフリーマーケットは、子供達に有意義な経験を提供するため、予約の熱気が溢れている。このプログラムは、グッドモーニングハウスのホームページ(goodmorning-house.com)で申請できる。

毎週水曜日・金曜日の昼に実施される文化ヒーリングブランチコンサートも人気が高い。クラシック、ジャズ、伝統国楽など多彩なジャンルにおける、レベルの高い公演をグッドモーニングカフェで楽しめるブランチコンサートは、今年は約60回開催される予定だ。温かいワッフルとコーヒー、フルーツが入ったブランチにぴったりのお弁当も販売される。

また、毎週水曜日には背が伸びるヨガ、アートブック作りなどのこども向け体験プログラムが、金曜日にはカリグラフィー、フラワーテラリウムなどの道民教育プログラムが実施され、毎月最終火曜・水曜・木曜日の夕方には予め決まっている特定のジャンルに合った本を読んで参加者同士で感想を分かち合うグッドモーニングブッククラブが開催される。

一方、グッドモーニングハウスの「ヌグナ(誰でも)ギャラリー」は、開放2周年を迎えて「京畿千年人生写真展」を開催する予定だ。「京畿千年人生写真展」は、完成された写真を展示するのではなく、自ら写真を撮影して記録を残す展示会だ。京畿道のシンボル(道花、道鳥)、京畿道のカラー、ウェディング・誕生日パーティーゾーンなど様々なコンセプトで構成されたスタジオで、京畿千年の主人公である道民の姿を写した画報写真を製作できる。全てのブースには写真撮影に必要な専門カメラと照明機器が設置され、訪問客は一生大事にする価値のある美しい写真を自分の手で撮影できる。

京畿千年人生写真館は、4月12日にオープンして6月末まで展示される。