海外就職のチャンス、チャババ(Jobaba.net)で捕まえて

投稿日d 2018-06-27 ヒット数 61

コンテンツ

seize-a-chance-to-work-abroad
 
京畿道雇用財団は大学生の夏休みを迎え、海外雇用機会の発掘と就職支援のため、チャババ(Jobaba)「グローバル人材育成プロジェクト」特集テーマ館を運営する。

特集テーマ館には韓国国内はもちろん、世界各国で行われている海外就業博覧会から海外就業教育、海外研修、ボランティアなどに至るまで、関連資料やマスコミ報道などが網羅されており、海外就職に関心のある大学生たちに良い指針を提供する。

主な内容を見ると、海外就職戦略の共有化に向けた海外就業博覧会では、 ▲6月23日 カナダ就職移民説明会
▲6月27日 中東地域就職戦略説明会 ▲6月30日 アイルランドワーキングホリデー+語学研修セミナー
▲7月25日 アメリカ就職戦略説明会などに関する情報が閲覧できる。各博覧会別の申請期間や受付方法に関する紹介をはじめ、主管機関のホームページとの連携もとっている。

教育を通じて海外就業を連携する研修課程として、日本IT分野の研修プログラムがある。国費支援の日本IT分野における研修課程の場合、8ヵ月間、韓国でJavaプログラミングと日本語を教育した後、日本のIT企業及び新しく発掘した現地企業に就職を連携するプログラムとなっており、7月9日まで申請が可能だ。

これと共に、日本での就業を希望する青年たちのためのコンサルティングプログラムである「グローバルジョブディスカバリー」プログラムの参加者を募集している。「グローバルジョブディスカバリー」は、京畿道雇用財団で運営するプログラムで、1:1のマンツーマン形式で行われる履歴書の添削や面接に向けた実戦コンサルティング、日本現地面接時の参加費、就職斡旋などを支援する。

参加対象資格は、京畿道内に居住する満34歳以下の青年及び大学卒業(予定)者のうち、日本語での文書作成及びビジネス会話の可能者であること。参加申請は7月2日までだ。

海外ボランティアおよびサポーターズ活動としては、ヨーロッパ旅行と語学研修が合わさった「ドリーマーズ20代オンリー」とグローバル貧困退治活動のためのグローバル大学生ネットワークプログラムである「オックスファム(OXFAM)大学生活動家」などがある。また、テーマ企画館では、国費支援過程、教育課程、語学教育など成功的な海外就業のための様々な情報も確認できる。

詳しい内容はチャババのホームページ(www.JOBaba.net)の「雑学事典」-「テーマ情報」から確認できる。